台風14号2016年のたまご最新気象庁米軍ヨーロッパ予報。9/8付

      2016/09/10

台風13号による大きな影響はありませんでしたが、台風14号のたまご(熱帯低気圧)が日本の遥か南で発生している模様です。

概要を確認しておきましょう!

→→→台風14号が発生!最新情報更新中!

sponsored link

2016年 台風14号のたまご 概要

3機関での台風14号のたまごについてまとめてみましょう。

JTWCの予測

台風の長期予報でおなじみアメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター、通称JTWCでは台風14号のたまごである熱帯低気圧がグアムで発生する恐れがあると予想しています。

熱帯低気圧は北上するとみられ今後の動向に注意が必要でしょう。

ECMWFの予測

JTWCと並んで台風の長期予報に定評のあるヨーロッパ中期予報センター、通称ECMWFでもグアム近辺で熱帯低気圧が発生すると予想しています。

ECMWFでは熱帯て気圧の発生が9月11日頃で発達を続けながら、9月14日には沖縄に近づくと予測しています。

10日間予想では9月17日頃に九州北部に接近または上陸すると予想しています。

10日天気予報では沖縄は16日(金)から、九州は14日(水)から天候が崩れる予想です。

熱帯低気圧の発達の仕方やスピードによっては大きく変わるでしょう。

気象庁の予測

日本の気象庁では9月8日時点でまだ熱帯低気圧を捉えていません。

秋雨前線と重なり非常に大きく発達する可能性があるのが恐ろしいですね。

9月8日は岡山や北海道で非常に多くの雨が降っています。

台風14号のたまごが大きく発達しなければいいのですが、気象庁からの情報が更新され次第随時お伝えしたいと思います。

sponsored link

台風14号のたまご 世間の反応

台風14号のたまごが発生しましたが、動向に注目が集まっています。

9月になり本当に多くの台風が発生していますね。

台風14号はたまごですが随時情報は更新しますので、チェックしてくださいね。

sponsored link

                      

 - 台風
 -