台風16号2016年 最新進路予想 現在位置と日本への影響(気象庁 米軍 ヨーロッパ)

      2016/09/19

2016年9月19日21時50分時点の最新情報更新中

台風16号 (マラカス)は非常に強い勢力に発達し、徳之島に接近しています。

今後は北上を続け日本列島への影響も強く懸念されていて注意が必要です。

早速、台風16号の現在の位置と最新進路予想を見てみましょう。

sponsored link

2016年 台風16号の概要

台風16号の概要を確認しておきましょう。

現在の位置

2016年9月19日21時50分時点で枕崎市の南西約80kmを移動しています。

勢力

2016年9月19日21時50分時点

台風16号は非常に強い勢力を保っています。

進行方向と速さ

2016年9月19日21時50分時点

台風16号は東北東に30kmのスピードで進んでいます。

今日の午前と比べてややスピードを上げています。

中心気圧と最大風速

2016年9月19日21時50分時点

台風16号の中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sです。

25m/s以上の暴風域は全域で110km。

15m以上の暴風域は北西側で330km、南東側で260kmとなっています。

sponsored link

2016年 台風16号の気象庁最新進路予想

台風16号の72時間進路予想が気象庁から発表されました。

1616-00

9月18日(日)は日本の広い範囲で局地的に滝のような大雨が降っている所があって、道路が短時間で冠水している被害も発生しています。

連休明けの9月20日(火)から台風16号が西日本へ接近する恐れがあるので、地盤が緩むことによって土砂災害の危険性高まってきています。

最新の進路予想が発表されています。

非常に強い勢力の台風16号(マラカス)は、屋久島の西の海上付近を東北東に進んでいます。今夜遅くに強い勢力で九州南部に上陸する予想。西日本を中心に大雨や暴風、高波に警戒が必要です。また、東日本でも強い雨にご注意を。
台風16号情報

非常に強い台風第16号は、19日21時には枕崎市の南西約80kmにあって、東北東へ毎時30kmで進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。この台風は、20日9時には足摺岬付近、20日21時には志摩市の東南東約30kmに達するでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、21日21時には日本の東に達する見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。
日本広域の進路予想

台風16号は進路を東寄りに変えて、連休が明ける9月20日(火)から21日(水)頃に西日本へ最も近づく恐れがあります。

台風16号はまだ沖縄付近にありますが、西日本を含めた広範囲が秋雨前線の影響で大雨になっています。

9月19日(月)の朝6時までに予想される雨の量は九州北部・近畿で150ミリ、四国・北陸・東海で120ミリ、関東甲信で100ミリ、中国地方で80ミリと予想されます。

土砂災害や川の氾濫などに十分な警戒が必要なので、常に最新の台風情報を確認しておきましょう。

2016年 台風16号のJTWC(米軍)、ECMWF(ヨーロッパ)予想

JTWCの予想では9月20日(火)の午前に鹿児島県へ接近・上陸すると予想、9月21日(水)の午前3時には更に東に進み関西へ接近後9月22日(木)にようやく日本の東に抜けるルートを示しています。

長期間に渡って影響が出る可能性が高くなっています。

ECMWFの予想では9月19日(月)から9月20日(火)に勢力を保ちながら九州へ接近・上陸すると予想しています。9月21日(水)から9月22日(木)には温帯低気圧に変わると予想していますが、東日本に大雨をもたらすと予想しています。

九州~関東地方へ大きな影響を与える予想なので警戒しておきましょう。

sponsored link

各都道府県への影響

次に2016年9月19日(月)時点での台風16号による全国への影響についてです。

沖縄・奄美

台風16号の直接的な影響はありません。

20日は、沖縄本島地方と大東島地方は、高気圧に覆われておおむね晴れますが、にわか雨か雷雨があるでしょう。先島諸島は、気圧の谷の影響で曇りや雨の天気となる見込みです。

出典:www.tenki.jp/forecast/10/

九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎県、鹿児島)

台風16号の直接的な影響を受ける場所がありますので注意が必要です。

20日の九州北部地方は、台風第16号の影響により大荒れの天気となりますが、次第に高気圧に覆われ晴れるでしょう。

出典:www.tenki.jp/forecast/9/

四国(徳島、香川県、愛媛、高知)

台風16号の直接的な影響を受ける場所がありますので注意が必要です。

20日は、台風第16号が接近するため雨や雷雨となり、大荒れの天気となる見込みです。

出典:www.tenki.jp/forecast/8/

中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

台風16号の直接的な影響を受ける場所がありますので注意が必要です。

20日は、台風第16号の影響で雷を伴い激しい雨が降り、荒れた天気となる見込みです。

出典:www.tenki.jp/forecast/7/

近畿地方(大阪、滋賀、京都、兵庫、奈良、和歌山)

台風16号の直接的な影響を受ける場所がありますので注意が必要です。

明日の近畿地方は、台風第16号の接近で大荒れの天気となり、雷を伴って非常に激しい雨の降るところがある見込みです。

出典:www.tenki.jp/forecast/6/

東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)

現在のところ台風16号の直接的な影響はありませんが、20日夕方に影響を受ける場所があります。

明日の東海地方は、前線の影響や夕方には台風第16号が東海道沖を東北東に進むため、雨で雷を伴い非常に激しく降る所がある見込みです。

出典:www.tenki.jp/forecast/5/

北陸地方(富山、石川、福井)

現在のところ台風16号の直接的な影響はありませんが、20日夜に影響を受ける場所があります。

(明日の天気20日)台風第16号が西日本の太平洋側を東北東進する見込みです。このため、概ね雨となり、夜は激しい雨の降る所があるでしょう。

出典:www.tenki.jp/forecast/4/

関東・甲信越地方(東京都、埼玉、神奈川、茨城 、栃木県、群馬県、千葉、山梨、長野、新潟)

現在のところ台風16号の直接的な影響はありません。

20日の関東は雨の一日でしょう。沿岸部は局地的に雷を伴って激しく降る見込みです。内陸部でも本降りの雨になる所があるでしょう。また、風が次第に強まり、傘がさしづらくなることもありそうです。

出典:www.tenki.jp/forecast/3/

東北地方(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

現在のところ台風16号の直接的な影響はありません。

20日は、前線が本州の南岸に停滞し、台風第16号が西日本の太平洋側を北東へ進むため、南部は雨の降る所が多く、北部は曇りや晴れで雨の降る所がある見込みです。

出典:www.tenki.jp/forecast/2/

北海道

現在のところ台風16号の直接的な影響はありません。

北海道付近は、20日朝にかけて気圧の谷が残り、上空には寒気が入るため、大気の状態が不安定となる見込みです。その後は20日夜にかけて日本海の高気圧に覆われるでしょう。

出典:www.tenki.jp/forecast/1/

sponsored link

交通機関への影響

台風16号による各交通機関への影響についての最新情報です。

最新情報をよく確認しておきましょう!

飛行機の欠航

2016年9月19日22時00分時点

台風16号の影響により九州発着便に欠航相次ぐと予想されます。

詳細は各航空会社の公式サイトでご確認ください。

電車(新幹線、JR、私鉄、地下鉄、)の遅延と運休

2016年9月19日22時00分時点

台風16号の影響により9月20日は遅延や運休の恐れがあります。

バスの運休

2016年9月19日22時00分時点

台風16号の影響により9月20日は遅延や運休の恐れがあります。

フェリー・客船

2016年9月19日22時00分時点

台風16号の影響により九州発着の観光フェリーなどの欠航が相次いでいます。

詳細は汽船会社の公式サイトでご確認ください。

sponsored link

                      

 - 台風
 -