七五三の着付け 3歳女の子に自分で簡単に着させる方法!自宅でOK!

   

七五三は7歳、5歳、3歳の子供が無事に成長したことを祝い、これからの元気と成長をお祈りする家庭行事の一つです。

特に3歳の女の子を持つお父さん、お母さんは可愛い娘の晴れ姿を見るのが今から楽しみですよね。

晴れ姿といえば、神社に参拝するのに必ず着物を着せなければいけないということはありませんが折角なら晴れ着を着せてあげたいですよね。

美容室などで着付けをしてもらうのもいいのですが、小さい子供はぐずったり、すぐに脱ぎたがったりしてとにかく大変。

お母さんが自宅で着付けする事ができれば、子供の負担も少なくて済みますよね。

そこで、自宅で簡単にできる3歳の女の子の晴れ着の着付け方をご紹介したいと思います。

sponsored link

七五三はいつ?最近の七五三事情

着付けの仕方をご紹介する前に、最近の七五三事情についてお話しておきましょう。

一般的には女の子は三歳と七歳、男の子は五歳と七歳にお祝いすると言われていますが、必ずそうしなければいけないという決まり事ではありません。

年齢も昔は数え年でしたが、最近は満年齢でお祝いするのが一般的ですね。

また、11月15日に限らず10月~11月ごろの土曜日、日曜日などの都合の良い日に神社でお祓いを受け、祝詞を上げてもらうのが近年の主流になっています。

晴れ着での写真撮影やお食事会などをする家庭も多いですが、これも必ずしなければいけないというわけではありません。

有名な神社でなくても自宅の近所にある神社でお参りをしてもいいですし、服装も正装であれば洋服でも問題ありません。

要するに、子供の成長をお祝いすれば形になんてこだわる必要はないんですね。

sponsored link

おうちで三歳の女の子の晴れ着を着付けよう!

服装は洋服でも問題ないとは言っても、やっぱり七五三は綺麗で可愛い着物を愛娘に着せてお祝いしたいという方もおられるでしょう。

最近は手軽にセットで着物をレンタルできるところもありますし、おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれたという方もいますよね。

「レンタルしてみたものの着付けをするのが難しそう」「知らない人に着付けてもらうと子供が嫌がるだろうなぁ」と本番前から困っている方も沢山いらっしゃるはずです。

そんな方でも大丈夫。

動画を見てちょっとしたコツを掴んでおきさえすれば、自宅でも簡単に着付けをすることができるんですよ。

簡単着付けの動画をご紹介しますので、参考にしてみてください。


七五三用の着物は作りが複雑ではないことが多いので、意外と簡単に着付けを行う事が可能なんですね。

本番当日までに必ずやっておきたいこと

動画を見て、大体の雰囲気がつかめたら、本番当日にモタモタしないように必ず1、2度はリハーサルをして手順を確認しておきましょう。

リハーサルを行う事で必要な小物が揃っているかも同時に確認しておきましょう。

お子さん自身も慣れない足袋や草履を履く予行練習にもなります、締め付けにも慣れさせておくのがいいですね。

sponsored link

さて七五三、本番当日は?

神社に行く日が決まっている場合は、神社によって事前に予約が必要な所もありますので必ず確認をしておきましょう。

謝礼金が決まっている神社もありますので合わせて問い合わせをしておくとスムーズです。

本番当日。

いよいよ自宅での着付けです。

先に軽い食事とトイレを済ませておきましょう。

事前に足袋をはかせて、ヘアメークもしておきます。

焦る必要はありませんが、お子さんの負担を考えると素早く着付けを済ませで着付けが出来上がったら即出発できるようにするのが望ましいです。

お父さん、お母さんの身なりを整えておき、最後に子供の着付けを行う方がスムーズですね。

まとめ

着付けの仕方はマスターできましたか?

可愛い愛娘の3歳の瞬間は一度しかありません。

慣れない着物でお子さんも緊張していますし、知らない人に着付けしてもらうよりお母さんが愛情込めて着付けをしてくれる方が、子供もきっと喜びます。

楽しい思い出になる七五三にしてくださいね。

sponsored link

                      

 - イベント, 七五三
 -