ボス デカフェブラックの発売日と価格は?味は美味しいの?

      2016/07/24

ボス デカフェブラックというカフェインレスコーヒーサントリーから新発売されます。

コンビニコーヒーが大ブームになっていますが、同じようにデカフェも普及していくのでしょうか。

発売日価格も気になりますが、味の違いについても調べてみました。

sponsored link

ボス デカフェブラックの秘密に迫る

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

ボス デカフェブラックの発売日は?

気になる発売日ですが、6月28日(火)から全国各地のコンビニとキオスクなどの交通売店限定で発売されるようです。

また、発売に先駆けて全国のコンビニエンスストアで使えるボス デカフェブラックの無料引換券が35万名に当たるキャンペーンを5月30日(月)から実施しているようです。

ボス デカフェブラックの価格は?

希望小売価格は税込み139円と大変お求めやすい価格になっていますね。

スタバやドトールでデカフェを注文するとSサイズで300円以上はしますから、非常に安価だと思います。

内容量も500mlとたっぷりなペットボトル容器なので開封しても風味が保てるのが嬉しいですね。

◎ボス デカフェブラックの味と香りはどうなの?

カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーと比べると味が極端に薄かったり美味しくないという印象がありますよね。

そんなデカフェの印象を覆すべく、サントリーは自社焙煎工場で溶媒の仕方を一から見直しコーヒーのうまみ成分をコーヒー豆に残しつつ、カフェインのみを除去する製造技術を取り入れたんだそうです。

結果、カフェインレスコーヒーにも関わらずコーヒーのコクと香りをしっかりと残した画期的に美味しいカフェインレスコーヒーに仕上がり、いつ飲んでも飽きがこないように濃度が高く苦みが深いコクのある味わいが特徴になっています。

試飲会では「苦みがしっかりと出ていて味が薄いとはほとんど感じない。」「酸味がまったくなくすっきりした味わい」「お茶や水の代わりにもなって、食事にも合わせやすいのでは」「言われなければカフェインレスコーヒーとは分からなかった。」「普通のコーヒーみたいな濃さ」などの意見があったようで評判も上々のようです。

現在販売されているボス ブラックよりもコクの点では上回っているとも評価されているようです。

sponsored link

ボス デカフェブラックに需要はあるの?

コーヒーはブラックしか飲まない人や砂糖を沢山入れた甘いものが好きな人など、嗜好が多様化している飲料でもあります。

欧米では健康上の理由からカフェインを取りたくない人向けにカフェインレスコーヒーを飲む文化が広まっていて、脱カフェイン処理したコーヒーの事をデカフェと呼びます。

サントリーはこのデカフェが日本でもトレンドになって広く受け入れられるのではないかと考えているようです。

実際に、日本でも健康志向が高まり、妊娠・授乳中の女性以外にもカフェインをなるべくなら取りたくない人も増えてきているようですし、デカフェを選択するユーザーも多くなっているようで、順調にシェアを伸ばしている分野なんです。

日本でカフェインレス飲料といえばブレンド茶や麦茶は需要が多い印象ですが、BOSSのブランドを用いる事によって男性ユーザーにもデカフェを広めるきっかけとしたいようです。

リフレッシュや水分補給を目的に飲むのも良いかもしれませんし、利尿作用が気になる夜や1日に何本も飲んでしまってカフェインの過剰摂取が気になる方にもおすすめなんじゃないでしょうか。

デカフェ普及の起爆剤になるのか

カフェインを気にする事無く昼も夜もゴクゴク飲めるコーヒーを謳っているデカフェ。

2年前から順調に需要が増えているということですが、コンビニコーヒーブームのように一気に爆発することが出来るのでしょうか。

デカフェのコーヒー以外にも、デカフェの紅茶や緑茶も販売されていて、じわじわと来ているようです。

誰でも安心して飲めるデカフェに注目してみてはいかがでしょうか。

sponsored link

                      

 - ライフ
 -