市川海老蔵の会見(6月23日)動画と全文はこちら

   

 

市川海老蔵の会見が6月23日に開かれました。

記者会見の前にマスコミに報じられてしまい、やりきれない思いもあったでしょうが気丈に振る舞って会見をしてましたね。

 

この記事では、市川海老蔵の会見全文とや動画をご紹介したいと思います。

 

sponsored link

市川海老蔵の会見(6月23日)全文

 

小林麻央さんの訃報にともない、市川海老蔵が6月23日14時30分から緊急の記者会見を行いました。

市川海老蔵は渋谷シアターコクーンで「市川海老蔵 第四回自主公演 ABKAI 2017」を開催中です。

 

記者会見の場所もシアターコクーンでした。

 

昼の部を終えてから記者会見を行い、夜の部も開催するという辛い状況でした。

自主公演ですから休演するという選択はないでしょうし、役者の意地でしょうね。

 

 

6月23日14時30分から開かれた市川海老蔵の会見の全文をご紹介したいと思います。

 

この度はわざわざご報告するようなことではないかもしれませんけど、今朝、家の前にも多くのマスコミの方がいらっしゃいました。

ご報告をするということも義務なのかなと思います。

 

昨日、夜に妻真央が旅立ちまして、それによりましていろいろとございます。

 

家族の時間や、家族でしなくてはならないこと、家族で話すべきこと、子供たちとのこと。

 

そういったことの時間の中で、思った以上に皆様に伝わったのが早かったということで、急遽このように皆様にお時間を作っていただいたのも、多くの方にご迷惑がかからないように、アナウンサー時代から妻のことを、応援してくださった方々にご報告ということで、このような時間をもうけさせていただきました。

 

本日はどうぞよろしくお願いいたします。

 

Q.麻央さんとの最期の時はどなたが看取られて、どんな言葉を交わされたんでしょうか?

 

私は昨日も舞台でございまして、それまで麻耶さんと麻央のお母さんと、ずっと看病をしてました。

私は昨日舞台が終わった後に、ここで別の撮影がございまして、ロビーで別の稽古がありました。

 

その時にお母さんからLINEが来てたんですけど見ることができませんでした。

約一時間半ほど遅れて見た内容が、具合が悪いからお医者さんも来ていて、家族を呼んだ方がいいと言う内容でして、私も急いで家に帰ったわけです。

 

帰りましてまだ麻央は、この世にいてくれて。

 

本当にたまたまなんですけど、私が妻の前に座って呼吸が苦しそうだったので、大丈夫かなぁと。

おとついまでは喋れたんですけど、昨日は喋れずにいたので。

これは不思議な話ですけど、息を引き取る瞬間私は、見てました。

 

その時に、これは本当に不思議なんですけど、「愛している」と言って。

 

彼女がその一言を言って。

 

泣いちゃいますよね、その一言。

 

「愛している」といって、本当にそれでそのまま旅立ちました。

 

Q.愛しているという言葉は、麻央さんがちゃんと受けとったように見えましたか?

 

ぼくが言ったわけではなくて、彼女が。

旅立つ間際に愛しているって、「る」が聞こえたか、聞こえなかったかわからなかったんですけど。

愛しているって旅立ったのがちょっと。

 

まぁなんというんでしょうか。

こんなに愛されていたのはよくわかっていたんですけど、最後の最後まで愛してくれてたことに、何とも言えませんね。

 

すみませんなんか。

昨日の今日で何も準備ができていなくて、お見苦しいところをご覧入れてすみません。

 

Q.最期、ご自宅でおくってあげることができたのがよかったのかな、と思われますか?

 

それはとてもよかったと思います。お母様もお父様も、私もお姉さんの麻耶さんも。

子どもたちもずっとそばにいられたので、すごくよかったなと。

病院で、私は父は病院で亡くしているので。

病院のときとは違う、家族の中で、家族と共に一緒にいられた時間と言うのは、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思いますね。

 

Q.お子さまも含めてご家族皆さまで、おくることができたということですか。

 

はい。子どもたちも見ていました。

 

Q.麻央さまは辛い中でも勇気、愛情、笑顔を忘れずに語ってこられたと思うんですけど、そんな麻央さんの生き方については海老蔵さんはどう感じられましたか?

 

おっしゃる通り、笑顔と勇気と愛情。

そして決してぶれない自分。

そしてどんな状況でも相手のことを思いやる気持ち、愛ですよね。

 

そういった力が、最後までぶれず、おとついまで笑顔で。

笑顔で話してた。

 

昨日はちょっと調子が悪かったんで、我々家族も急にそういう風になったので戸惑った部分は大きかったです。

 

Q.海老蔵さんからはどのような言葉をかけられました?

 

この世にあるありとあらゆる言葉を耳元で話してました。

 

Q.海老蔵さんにとって麻央さんはどんな存在でしたか?

 

とにかく私を、どんな部分もどこまでも愛してくれていたんじゃない。

 

うん。存在っていうのは。

うーん。まあねえ、存在ねえ。

 

できればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って。

彼女にはもっと幸せに、もっと楽しく家族やお友達や麻央さんのお父さまやお母さま、僕が役者として成長してきた過程をずっと見守ってもらいたかった存在です。

 

Q.麗禾ちゃんと勧玄くんのご様子っていうのは?

 

まぁ麗禾は、昨日はずっと麻央のそばを離れませんでした。

そして彼女の横で、ずっと寝ると言って寝てました。

うん。認識はしていると思いますね。

 

勧玄はまだ、わかっているんですけれど、わかっていないところもあって。

今日の朝も麻央の横になっている所に2人が、麻央の顔を触ったり足をさすったり、手を握ったり。

そういうところを見ると、私が今後、背負っていくもの、やらなくてはならないこと。

子どもたちに対して、とても大きなものがあるなと、そういう感じがしました。

 

勧玄はまだわかっていますけど、わかっていないと思います。

 

Q.奥さまから学んだこと、これからどんなことをこれからも伝えていきたいですか?

 

元気になったら彼女は、自分が歩んできた過程の病?

乳がんやそれに伴う病に対して、自分が治ったらこうしたい、ああしたい。

多くの人の救いになれる存在になりたいということで、一生懸命闘病しました。

 

それでブログというものも始めたんですよ。

本当にマスコミさんのおかげで公になって、ありがたかったと思いますよ。

 

ブログというものをはじめて、なにかこう同じ病の人達や苦しんでいる方々と悲しみや喜びを分かち合う妻の姿は、私からするとなんか、人ではないというか。

なんか、なんというんですかね。

すごい人だなというか。言い方おかしいですけど。

とにかく総合的に教わったこと、これからも教わり続けることは愛なんだと思いますよ。

 

Q.海老蔵さん中に浮かんでくる、麻央さんの姿というのはどういう表情が思い浮かびますか?

 

どういう表情?全部です。
初めて会った時の彼女から、今日の朝まで全部ですね。

笑顔が多かったと思いますよ。

 

Q.子供さんにかけられた言葉で印象に残っていることは?

 

そうですねぇ。心残りだと思います。

2人のことについて、どうすればいいんだろうと考えても答えが出なかったものだと思います。

ですからいろんなこともあり、今回も子供たちが出演する7月に出る、せがれが出るんですけど。

そういうのを見に来ることをひとつの目標にして、いろんなものを作ったんですけど、まぁでもきっと見ていると思うんでね。

心配で心配で、しょうがないんじゃないでしょうか。

 

Q.海老蔵さんが託されたことはありますか?

 

うーん。ちょっと多すぎて言葉に、出せないですよね。

これからも今舞台やってたわけで、このあとも舞台もありますし、来月もすぐありますし、子どもの稽古もありますし。

子供の成長のことも考えますし。

5歳と4歳ですから、これからお母さんという存在が彼女や彼には非常に重要な存在ではないですか。

それを失った、僕は代わりにはなれないですけど、できる限りのことをやっていくように思ってますね。

 

Q.麻央さんがよく言っていた言葉で思い出されることはありますか?

 

良く言っていた言葉。

うーん。

やはり言葉と言うか、お姉さん、麻耶さんが調子悪くなった時に。

私も舞台で非常に疲れた時も、麻央の方がもっと重い病にかかっている。

そしてお母さんが看病で疲れているときも、麻央の方が大変なのに、自分よりも相手のことを心配するやさしさ。

言葉ということではなくて、どこまでも自分より相手のことを思う気持ち。

これはねぇ。一番多かったですね。

 

Q.麻央さんと家庭を築いて、今改めてどんな奥さんでしたか?

 

そうですねぇわかりませんね。

どんな奥さん?僕を変えた奥さんなんじゃないですかね。

わかりません。

 

Q.麻央さんがプロポーズの時に「来世も一緒にいよう」という言葉が一番響いたとおっしゃっていましたけど

 

そのつもりです。その話もしました。

ですがまぁ、僕が愛想つかされないように頑張らないといけないので。

 

Q.その話をされたとき麻央さんはどんな風に?

 

うーん。よろこんでいました。

 

まだねぇ昨日の今日なんで。

こういうところも聞いていると思うので、全部聞いていると思うので。

全部聞いてると思うので、言うことは言わなくても伝わると思うので。

いつも想っているということです。

 

麻央のブログや麻央の存在で励まされた方々がいらっしゃるということで、今回はこういうような形もある意味とらせていただいたと思うんです。

実際そういうことがなければ、このようなことをご報告すること事態が形としてはどうかと思います。

 

多くの麻央のことを応援してくださった方、共に戦ってる方々、昨日先に旅立ちましけれども、ずっと麻央は皆様のそばにいると思うので、本当にいろいろありがとうございました。

sponsored link

市川海老蔵の会見(6月23日)動画

 

14時30分からの記者会見ということで、ミヤネ屋やグッディ!、ゴゴスマで生中継がありました。

仕事中の人も多かったと思うので、記者会見の動画をご紹介したいと思います。

 

ネットではアベマTVで会見を生中継しています。

 

市川海老蔵の会見が終了しました。

約22分の間、辛い中で誠心誠意に対応をしていたと思います。

 

市川海老蔵の会見を見た感想は?

 

6月23日の市川海老蔵の記者会見を見た人の感想をご紹介したいと思います。

精神的にも肉体的にも疲労が溜まっているでしょうね。

記者会見中の目のクマも気になりましたし、息子さんや娘さんも支えていかなければいけないし、お姉さんの小林麻耶さんのフォローもしてあげないといけないでしょうしね。

 

市川海老蔵のブログは6月23日にも沢山更新されていて、普段と変わらない様子が多いんですよね。

常人では理解ができない強い精神力です。

 

13時の更新されたブログでは、こんな投稿がありました。

今日は麻央と一緒に舞台に立ってるような感覚です、、

気のせいでしょうが

とても温かく

感じます、

出典:ameblo.jp/ebizo-ichikawa/

なんとも胸が痛くなりますね。

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -