2017年に恵方巻きを食べる方角と節分の日時はいつ?

   

節分の日に食べる恵方巻きですが、毎年食べる方角が変わりますよね。

2017年はどの方角を向いて食べればいいのか、意外と知らない恵方巻きの食べ方の基礎知識をまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください!

sponsored link

2017年の節分はいつ?

 

まず、恵方巻きを食べるのは節分の日の夜と決まっています。

2017年は2月3日(金)が節分の日なので忘れないようにしておきましょう!

 

2017年に恵方巻きを食べる方角は?

恵方巻きを食べるときには、一定の方角(恵方)をむいて食べると縁起が良いと言われていますよね。

 

2017年の方角は

 

北北西やや北(方位角345°)

 

となっています。

 

スマホでコンパス機能が標準搭載されていると思うので、確認してみましょう。

スマホを手にもって移動しながら恵方を探す人が多いですが、かならず水平な場所にスマホを置いて恵方を探してくださいね!

 

ちなみに恵方とは、一年の幸運や金運を司るとされる歳徳神という神様がいる方角なんです。

歳徳神がいるとする恵方は毎年変わるので、恵方巻きを食べる方角が毎年変わってくるというわけです。

sponsored link

そもそも恵方巻とは?

a7eaa148de10a52e4d4b700f4e5ec476_s

恵方巻きとは、節分の夜に食べると縁起が良いとされる巻き寿司ですが、近年は節分の恒例行事として定着してきました。

お正月が終わると、スーパーやコンビニでも恵方巻きの予約合戦が始まりますもんね。

 

なんとなーく恵方巻きを食べている人もいると思うので、恵方巻きの食べ方に関する基礎知識をおさらいしておきましょう。

 

大事なポイントは4つ

  1. 恵方巻きは一人一本用意すること
  2. 毎年変わる恵方の方角を向いて食べること
  3. 恵方巻きを食べているときには絶対に喋ってはだめ
  4. 恵方巻きを食べているときには願い事をし残さずに完食すること

 

まず「恵方巻きは一人一本用意すること」

恵方巻きは「縁を切らずに福を巻き込む」という願をかけているかので、包丁で小さく切って食べてはだめなんです。

といってもお子さんは大きな恵方巻き一本を食べきるのは難しいと思うので、細巻きやハーフサイズの恵方巻きを用意してあげましょう。

 

用意する恵方巻きは。商売繁盛と無病息災を願う七福神にちなんで7種類の具材が入ったものを選ぶと良いですね。

一般的にはかんぴょう・キュウリ・高野豆腐・シイタケ煮・伊達巻・アナゴ・桜でんぶを具材に入れる事が多いので参考にしてみてください。

 

 

「毎年変わる恵方の方角を向いて食べること」

については、先述したとおり2017年は北北西やや北(方位角345°)が恵方なので、絶対にその方角をむいて食べましょう。

 

 

「恵方巻きを食べているときには絶対に喋ってはだめ」

恵方から恵方巻きを通じて幸運が入ってくるという概念があるんですが、喋ってしまう事によって口から運気が逃げていってしまうと言われています。

なので、恵方巻きを食べているときには喋らずに食べましょう。

 

 

「恵方巻きを食べているときには願い事をし残さずに完食すること」

恵方を向いて恵方巻きを食べると願い事が叶うと言われています。

迷信だからといって願い事をしないのはもったいないです!

恵方巻きは縁起ものですから、あなたが1番叶えたい願い事を心の中で思いながら恵方巻きを完食しましょう。

まとめ

 

「恵方巻きなんて企業に乗せられているだけでしょ」と冷ややかな目をむける人も多いですが、縁起ものですから楽しんだ方がいいと私は思います。

コンビニでも手軽に恵方巻きが買えるので、2017年は恵方の方角をむいて思いっきり恵方巻きにかぶりつきましょう!

以上「2017年に恵方巻きを食べる方角と節分の日時はいつ?」という話題でした!

 

sponsored link

                      

 - 恵方巻き
 -