Fantomeの意味とは?宇多田ヒカルのアルバムジャケットと特典が公開

      2016/09/22

宇多田ヒカルのニューアルバム『Fantome』が9月28日に待望のリリース。

本物のアーティストが音楽業界に帰ってきた!と話題になっています。

現在の音楽業界に一石を投じるであろう注目の『Fantome』について気になる事を調べてみました。

sponsored link

Fantomeの意味とは

宇多田ヒカル通算6枚目のアルバム『Fantome』

読み方は『ファントーム』で英語ではなくフランス語なんです。

気になる意味は『幻』、『気配』などを意味しています。

2013年に亡くなった宇多田ヒカルの母である藤圭子に捧げる新アルバムということでリリース前から大変な注目を集めています。

なぜFantomeというタイトルになったのか宇多田ヒカルが語っています。

今回のアルバムは亡くなった母に捧(ささ)げたいと思っていたので、輪廻(りんね)という視点から“気配“という言葉に向かいました。一時期は、何を目にしても母が見えてしまい、息子の笑顔を見ても悲しくなる時がありました。でもこのアルバムを作る過程で、ぐちゃぐちゃだった気持ちがだんだんと整理されていって。「母の存在を気配として感じるのであれば、それでいいんだ。私という存在は母から始まったんだから」と。そうしてタイトルを考えていくうちに、今までのように英語というのはイヤで、かといって日本語で浮かぶ言葉はあまりに重過ぎて、「フランス語が合うね」という話になって。そこからいろいろと模索した末に、“幻“や“気配“を意味する“Fantome“という言葉に突き当たり「これだ!」と思いました。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

フランス語には優雅だったり優しい印象があるので重くなりすぎずぴったりかもしれませんね。

sponsored link

Fantomeの収録曲

前回のアルバム「HEART STATION」が発売されたのは2008年なのでアルバムのリリースは実に8年半ぶりなんです。

ファンにとっては待ちに待ったリリースですよね。

収録曲は全11曲に決定しています。

2016年に活動再開してから配信リリースされた「花束を君に」「真夏の通り雨」も収録されています。

01.道
02.俺の彼女
03.花束を君に(NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌)
04.二時間だけのバカンス
05.人魚
06.ともだち
07.真夏の通り雨(日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲)8 荒野の狼
09.忘却
10.人生最高の日
11.桜流し(「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング)

アルバムタイトルはフランス語ですが曲名は全て日本語なんですね。

宇多田ヒカルなりの意味が込められているのかもしれません。

sponsored link

Fantomeのジャケットが公開

Fantomeのジャケットがすでに公開されています。

news_xlarge_utadahikaru_jkt201609

出典:natalie.mu/

ジャケット写真はフランス在住のカメラマンであるジュリアン・ミニョーが撮影を行いました。

ピントをあえて外す手法を得意とするジュリアン・ミニョーが撮影したジャケット写真はFantomeというアルバムタイトルにぴったりな出来栄えに思えます。

しかしお母さんの藤圭子に風貌が似てきましたね。

Fantomeの購入特典は?

Fantomeには初回限定版などの形態販売は無く通常版1形態のみ。

こういう販売形式も今の音楽業界では珍しいですよね。

あくまで歌だけで勝負する宇多田ヒカルの心意気が感じられます。

まとめ

Fantomeの収録曲やアレンジや歌詞も含めと全てがとにかくシンプルにまとめられている印象です。

現在絶賛予約受付中です。

リリースが本当に待ち遠しいですね!

ネット上では久しぶりにCDを買いに行くなんていう意見がかなり多いんですよね~

宇多田ヒカルのアルバムは今まですべてミリオンセラーを記録しています。

新アルバムもミリオンセラーなるか注目です。

関連記事

宇多田ヒカル 花束を君に歌詞の意味がヤバイ。母への思いが溢れ出てると話題

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -