ごぼう茶は妊娠中に飲むべき!便秘とむくみ解消や乳腺炎にも効果?

   

アンチエイジング効果があるとして人気のごぼう茶は、妊婦さんにも嬉しい効果がたくさんあるんです。

 

妊娠中は普段より口に入れるものに気をつかってしまいますし、「ほんとに妊娠中にごぼう茶を飲んでも大丈夫なの?」「妊娠が分かっていつから飲んでもいいの?」など、気になる点も多いと思います。

 

そこでこの記事では、妊娠中のごぼう茶の飲み方や、注意点、母乳や妊娠糖尿病への影響についてご紹介したいと思います。

 

sponsored link

ごぼう茶は妊娠中に飲んでも大丈夫?

ごぼう茶は食物繊維など、ごぼうに含まれる豊富な栄養を手軽に摂ることができるお茶です。

妊娠中に飲用するもので気になることといえばカフェインだと思いますが、ごぼう茶はノンカフェインなので、妊娠中でも安心して飲むことができます。

カフェインの摂りすぎは流産の危険性低体重児となる危険性が高くなるとされているため、ノンカフェイン飲料はとても嬉しいですね。

 

ただし原料であるごぼうに関して、気にかけておきたい要素もあるのでお伝えしておくと、「ごぼうし(牛蒡子)」といわれるごぼうの種の成分には、子宮収縮作用があるとの見方もされています。

下の画像が「ごぼうし」です。

出典:www.amazon.co.jp/

 

ごぼう茶に使われているのは根の部分で、ごぼうしの部分は使われていないので基本的に問題はないとされています。

ただ、妊娠初期はどんな小さなことでも気になりがちですので、初期は控えるか様子を見ながらにしておくほうが良いかもしれませんね。

 

また、ごぼうはキク科の植物なので、キク科アレルギーの疑いがある人も注意が必要です。

妊娠中にごぼう茶を飲用してアレルギーが出ると大変なので、一度かかりつけの産婦人科に「ごぼう茶を飲んでも問題ないか」相談することをおすすめします。

 

ごぼう茶の効果と効能

 

ごぼうは栄養豊富と書きましたが、どんな成分があるのか詳しくまとめてみます。

  • 食物繊維:便秘解消
  • イヌリン:血糖値の上昇を抑える、整腸作用、利尿作用、食欲を抑える
  • オリゴ糖:腸内環境を整える(悪玉菌の抑制)
  • タンニン(ポリフェノール):毛穴、皮膚の引き締め効果
  • クロロゲン酸(ポリフェノール):抗酸化作用、血糖値の上昇を抑える、脂肪燃焼作用

そのほかに、ビタミンE・B群、カリウム、マグネシウム、リン、カルシウム、鉄、亜鉛など、たくさんの栄養を豊富に含んでいます。

ごぼうは、臭いや食感で好き嫌いのわかれる食材かと思いますが、ぜひ取り入れてもらいたい根菜です。

 

妊娠前に「ポリフェノールでアンチエイジングをしたい」とワインなどを飲まれていた人は、ごぼう茶に変えても効果を期待できますね。

 

ごぼうの皮には「サポニン」という成分が含まれます。

悪玉コレステロールの分解や身体を温める効果もあり、身体を温め血液の循環をよくし妊娠中に低下しがちな腸の働きも活発にします。

 

ごぼう茶は妊娠糖尿病に効果があるの?

妊娠するとホルモンバランスの影響から、妊娠中に妊娠糖尿病を発症することがあります。

 

妊娠糖尿病とは糖代謝異常の一種で、妊娠中に発見、発症したもので糖尿病まで至らない軽度のものを指します。

妊娠を期に血糖値が上昇しやすくなることが原因です。

 

妊娠中は血液中のブドウ糖を分解するインスリンの働きを抑えるホルモンが胎盤から分泌されるため、ブドウ糖が分解されにくく血糖値が上昇しやすくなります。

摂取カロリーの厳守や糖分を減らすなどの食事療法とあわせて、食事の前や食事の間にごぼう茶を飲むことで、ごぼう茶に含まれるポリフェノールが作用し、糖質の吸収が緩やかになり血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。

sponsored link

ごぼう茶は便秘やむくみに効果あるの?

 

妊娠中は多くの人が、便秘むくみに悩まされていると思います。

腸の動きが悪くなっているうえ、お腹が大きくなるとトイレでいきむのも怖くなり便秘がちになってしまいます。

 

参院でお薬を出してもらうこともできますが、出来れば自然に解消したいですね。

 

ごぼう茶は「イヌリン」という水溶性の食物繊維がたくさん含まれていて、便秘の解消や腸内環境を整える効果があります。

老廃物を身体の外に排出してくれる効果もあり、脚や顔のむくみを取る効果も期待できるんですよ。

 

ごぼう茶に含まれる「カリウム」も利尿作用があり、むくみ取りに効果がありますが、腎臓病の人は「カリウム」の摂りすぎに注意必要なので、必ず医師に確認してから飲むようにしましょう。

 

ごぼう茶は乳腺炎の解消に効果があるの?

 

妊娠中にも嬉しい効果が期待できるごぼう茶ですが、産後の乳腺炎解消のためにも、ぜひ飲んでもらいたいお茶です。

 

乳腺炎は、乳腺に母乳が詰まることで炎症をおこし、おっぱいが腫れガチガチで痛くなったりたり、ひどくなると熱が出たりします。

 

ごぼう茶に含まれるポリフェノールの抗酸化作用によって、血流が改善される効果が期待できます。

 

母乳は血液から作られているので、ごぼう茶を飲むことでサラサラの血液にしていれば、乳腺炎になる可能性が低くなると言われています。

 

また、栄養豊富なごぼう茶を飲んでいることで、母乳が栄養たっぷりで赤ちゃんが飲みやすいサラサラの母乳になります。

 

 

ごぼうちゃを自作するのは面倒です

 

妊娠中に飲みたいごぼう茶ですが、自作するのは非常に手間がかかります。

  1. ごぼうを買ってくる
  2. たわしや包丁で泥を落とす(皮が全部落ちないように気を使う)
  3. ささがきにする
  4. 水にさらしてアク抜き(時間を間違えると成分が抜けてしまう)
  5. 天日干しをする(場所を作ったり面倒)
  6. ごぼうをフライパンで炒る

上記の手順を妊娠中にするのは負担もかかりますし、非常に面倒ですね。

ごぼうの皮に含まれているサポニンは毒性も強く、自宅で自作した場合、天日干しやフライパンで炒る工程がうまくいかないと、胃腸を壊す原因になることもあるんです。

 

妊娠中に良いと思ってごぼう茶を飲んだのに、胃腸を壊してしまったら元も子もありません。

 

なので、ごぼう茶は自作せずに、信頼ある会社が作っているごぼう茶を飲むべきですね。

 

累計販売数が140万袋突破し、テレビのCMでも宣伝している「株式会社あじかんのごぼう茶」が特に人気です。

 

テレビにもよく出演しているナグモクリニック総院長の、南雲吉則先生が完全監修しているので、安心感は折り紙付きです。

リピート率93%という数字にも、実績は反映されていますよね。

 

妊娠中の便秘に悩んでいる人には、すぐにチェックしてほしいですね。

詳しい情報は下のリンクからどうぞ。

<公式>あじかんのごぼう茶で妊娠中も快適な生活!

あじかん焙煎ごぼう茶

 

薬に頼れない妊娠中だからこそ、ごぼう茶を効果的に取り入れ快適なマタニティーライフを送ってほしいと思います。

sponsored link

                      

 - ライフ
 -