蛇善は毒蛇買い取り価格が安いけど食べログ星3の優良店?ヒメヘビ画像も!

   

食べログにも掲載されている蛇料理、精力剤販売をしている「蛇善」が動物愛護法違反容疑で書類送検されたニュースが話題になっています。

事件の概要や、ヒメハブの画像、毒蛇の買取価格について気になっている方が多いようなので、詳しく調べてみました!

それと、蛇善に直接聞いてみたことも掲載しているので、興味があったらご覧ください。

sponsored link

蛇善が動物愛護法違反容疑で摘発の概要

 

すっぽんやまむしを原料とする精力剤を販売している、明治17年創業の老舗毒ヘビ販売店「蛇善」が動物愛護法違反容疑で摘発されてしまいました。

知る人ぞ知る精力剤販売店だったので、残念がる声も多いようですが、事件の概要は以下のとおりです。

 

毒ヘビを許可なく飼っていたとして、警視庁保安課は動物愛護法違反容疑で、東京都台東区蔵前のヘビ類販売加工業「蛇善(へびぜん)」社長、浅見隆行容疑者(50)ら男3人を逮捕。法人としての同社を書類送検した。保安課によると、浅見容疑者は「加工のために殺すので許可はいらないと思った」などと容疑を否認している。

保安課によると、蛇善は明治17年創業の老舗で、ヘビ類を姿焼きや精力剤にして販売している。平成27年からの約1年間で、真喜志容疑者からヒメハブ272匹やハブ8匹などヘビ類を計約48万円で仕入れていたほか、池田容疑者の加工品の展示を行っていた。

出典:www.sankei.com/affairs/news/170303/afr1703030020-n1.html

 

動物愛護法にはこんな規定があるんです。

人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある特定動物(毒ヘビ、ワニガメ、ニシキヘビなど)の飼養又は保管を行おうとする者は、動物の愛護および管理に関する法律に基づき、特定動物の種類ごとに、特定動物の飼養又は保管のための施設(特定飼養施設)の所在地を管轄する都道府県知事又は政令指定都市の長の許可を受けなければなりません。

出典:www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kenko/pet/016584.html

 

特定動物には毒ヘビ、ニシキヘビ、ワニガメ、ニホンザル、タカ、ワニなどが含まれていて、違反すると6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

 

明治17年から創業していた蛇善ですが、知らなかったでは済まされないです。

恐らく何度も警告を受けていたはずですし、今までは見逃されていただけなのかもしれないですね。

 

蛇善は台東区蔵前にお店を構えていますが、店先にマムシが飾られていたのを見たことがある人もいるんじゃないでしょうか。

 

逮捕された蛇善社長の浅見隆行氏は「店にヒメハブはいたが、飼育していたのではない」と容疑を否認しているようですが、蛇善の公式サイトにはこんな記述が 笑

蛇善では、蛇や蝮(マムシ)、イモリなどの生体も販売しております。
飼育はもちろんですが、中華料理の材料(食材)としてのご提供も出来ます。
ご興味ある方は、お電話、またはメールにて直接お問い合わせ下さい。
※近県であれば、蝮(マムシ)など、蛇の駆除におうかがいします。

出典:www.hebizen.co.jp/original.html

生体売るなら飼育してなきゃいけないんじゃないの?と個人的には思いますが、真偽はどうなんでしょうね〜。

 

生体の販売は個人にもしているのかな?と気になったので、蛇善に直接聞いてみました。

返答は「担当者が不在で、今は答えられない。個人に販売できるかも私はわからない。バタバタしててすみません」と一方的に切られてしまいました。

 

ちなみに、問題となったヒメハブはこんな子です。

出典:ja.wikipedia.org

大量に買い取って飼育していたとして、逃げ出したりしたら大事になっていたでしょうね。

近所の人もまさか、無許可だったなんて驚いているんじゃないでしょうか。

sponsored link

毒蛇の買取価格っていくらなの?

 

気になるのが、毒蛇がいくらくらいで取引されていたのかということですよね。

今回の摘発容疑だと、毒蛇280匹で約48万円。ということは一匹約1,700円程度になりますね。

 

ハブの買取といえば沖縄ということで調べてみると、現状ハブ一匹3,000円から3,5000円程度が相場なようですね。

そう考えると、蛇善の買取価格ってめちゃくちゃ安いんじゃないでしょうか?

 

蛇善ではハブを調理して提供しており、貴重な蛇料理を食べられる店として、食べログにも掲載されています。

レビューは星3,04となかなかの評価 笑

蛇の産卵期には、希少な卵を提供してくれたというレビューもあって、まさに知る人ぞ知る名店だったのかもしれないですね。

 

蛇の精力剤などは4,000円〜1万円程度で販売されているようなので、相当な利益もあったんじゃないかと思います。

ネット上の反応

sponsored link

                      

 - 社会
 -