ひふみんアイとは?藤井聡太四段を正統継承者に加藤一二三が指名!

   

 

29連勝を達成した藤井聡太が、ひふみんアイを発動したと話題になっています!

この記事では、ひふみんアイとは何かを中心に、詳しくご紹介したいと思います!

 

sponsored link

ひふみんアイとは?

 

ひふみんアイとは一体なんなんでしょうか?

 

ひふみんは知っている人が大半かと思いますが、先日引退した加藤一二三九段のことです。

加藤一二三先生は、将棋の対局中に手を考えるとき、対戦相手の後ろに立って盤面を見る癖があるんです。

 

ひふみんアイが初めて繰り出されたのは、昭和54年2月7日と8日に行われた中原誠十六世名人との対局だったそう。

威圧感がとんでもないことになってますね 笑

 

対局中に移動する事はOKみたいなんですが、ひふみんアイを発動したときに加藤一二三先生の長いネクタイが、相手の頭に乗っかってしまったことがあったそうです。

ここまでしちゃうと妨害になりそうなもんですが、なんとかセーフだったみたいですね 笑

 

ひふみんアイの効果ってなんなのかというと

  • 相手側の視点から見ることで普段思いつかない一手をさすことができる
  • ひらめきを発揮する

と、ひふみんも語っています。

 

 

加藤一二三先生の娘さんが話題です!下の記事で詳しく!

・加藤一二三(ひふみん)は結婚してる?家族がいて娘はシスター?

 

 

相手側の視点で形勢判断をするっていう戦術は、将棋の世界では当たり前に行われているそうなんです。

普通は頭の中でするんですが、ひふみんは実際に後ろに回り込んで見る方法を繰り出しているというのが独特の戦法ですね。

 

ひふみんアイについて加藤一二三先生が直に語っている動画があるんですが、必見です 笑

 

ひふみんアイと名付けられたのは、ニコニコ生放送がきっかけでした。

ひふみんの癖を取り入れた「盤面を先後逆転させて表示する機能」を実装。

これを「ひふみんアイ」と命名し、ニコ生の将棋中継で使われるようになりました。

sponsored link

藤井聡太四段が「ひふみんアイ」の継承者に!

 

歴代単独1位となる29連勝を達成した藤井聡太四段ですが、新記録を樹立した2017年6月26日の増田康宏四段との対局で、ひふみんアイを発動しました。


相手がいない時にひふみんアイを発動することが多い加藤一二三先生とは違い、がっちり増田康宏四段の後ろに回り込んで、ひふみんアイを発動しています 笑

まるで倒した相手の技を会得していく、漫画やゲームみたいな展開ですね!

 

増田康宏四段にも注目が集まっています!

・増田康宏四段の学歴(大学・高校・中学)と勝率は?実はYUIが好き

 

加藤一二三先生も、藤井聡太四段が「ひふみんアイ」を継承してくれたとお墨付きを与えています。

将棋界の新旧交代劇と言われていましたけど、熱い展開ですね 笑

藤井聡太四段が「ひふみんアイ」のつもりで後ろに回っていたのかってとこも重要ではありますが、ぜひ真相が知りたいですね!

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -