イエコンマスクで家の中の花粉症対策!換気口フィルターで90%除去!

   

花粉シーズンに突入しました!

「鼻水ダラダラ」

「くしゃみでマスクの中ビチャビチャ」

「目ヤニカピカピ」

そんな憂鬱な毎日がしばらく続きますね…私もそうです。

 

外では花粉症対策をしていても、家の中ではなにも花粉症対策をしていない人が多いのをご存知ですか?

家の中で花粉症の症状に悩んでいる人に、おすすめしたい花粉症対策をご紹介したいと思いますので、ぜひご覧ください!

sponsored link

家の中でも花粉症の症状がひどい

嫌な花粉症シーズンが到来すると、マスクやゴーグルをして外出している人を多く見かけるようになります。

花粉症の症状がひどいと、花粉症改善薬を飲んで外出をしているという人もいると思います。

私も花粉症の症状がひどくて、2月中旬から目のかゆみ、鼻の中がムズムズしだして「今年も飛んできたか…」と憂鬱な気分になるものです 笑

 

人によっては家の中でも花粉症の症状が続いたり、極端な例だと家の中の方が花粉症の症状が強いという人もいるそうですね。私も家の中なのに鼻水やくしゃみが続くことありますもんね。

 

ここで「家の中の花粉対策の意識調査」に関するデータをご紹介したいと思います。

調査によると花粉症であると認識している人の約88%は、何かしらの花粉症対策を実施している

しかし88%の方の中で、家の中で花粉症対策を実施している人は約32%しかいないそうなんです。

 

たしかに家の中で花粉症対策をするのって面倒です。

家の中で行える花粉症対策ってどんなのがあるかなと調べてみると

  • ドアや窓の開閉をなるべく控える
  • 外出先から帰ってきたら、衣服の花粉を落とす
  • お風呂で顔や肌に付着した花粉を落とす
  • 花粉は床に落ちやすいので掃除をこまめに行う
  • 花粉症シーズンは外に洗濯ものや布団を干さない
  • 空気清浄機を使用する

ざっと上記の対策が簡単にできそうですね。

 

簡単にできそうとはいっても、私はなにもしていないことに気付きました 笑

家の中で花粉症の症状が出ても文句は言えないですね…

 

換気口から花粉が侵入する

さきほど上げた家の中の花粉症対策ですが、「全部やってても花粉症の症状は出てるよ!」という声もあるんじゃないかと思います。

 

そんな人に知っておいてほしいのが、自宅に設置している換気口から花粉が侵入してきている可能性があるということです。

「換気口?換気扇じゃなくて?」という疑問を持つ人もいるかもしれないので、説明させて頂きます!

 

普段はあまり気にしていなくて目に留めない場所だと思いますが、リビングや寝室の壁に丸や四角の換気口が必ずついているはずです。

下の画像のような形ですね。

出典:iecon-mask.jp/etc/kanki/index.html

換気口は新鮮な外気を部屋の中に取り込むことを目的に設置されていて、2003年に建築基準法が改正された時には「24時間換気システム」の導入が義務付けられているので、換気口が付いてない家はゼロと言ってもいいでしょう。

 

ここで気づくのが、新鮮な外の空気といっても外の空気が綺麗だとは限らないということ。

排気ガスや汚染物質が換気口から侵入してくるのはもちろん、花粉も当然のように侵入してくるんです!

 

ただ換気口の中には、必ず花粉や有害物質を取り除く換気口フィルターが取り付けられていることが多いんですが、換気口フィルターには約半年という寿命があるんです。

換気口フィルターを交換せずにそのまま放置しておくと、有害物質を取り除くことができずに、汚れた空気がそのまま家の中に入ってきてしまいます。

 

さきほどの「家の中の花粉対策の意識調査」によると、換気口の認知度はたったの22%で、換気口フィルターに花粉を除去する役割がある事を知っている人は15%しかいなかったんです。

家の中で花粉症対策をしているのに症状に悩んでいる人は、換気口フィルターの交換を検討した方がいいでしょう。

sponsored link

換気口フィルターは「イエコンマスク」がおすすめ

 

家の中での花粉症対策には、換気口フィルターの交換が重要だということが分かりましたね。

 

「換気口フィルターといってもどれを選べばいいか分からない!」という人におすすめしたいのが、イエコンマスク(iecon mask)という換気口フィルターです。

イエコンマスクは20ミクロンの極少花粉やほこりを約90%も除去することが出来るのが最大の特徴で、累計販売数が100万枚を突破した大ヒット商品なんです。

 

アマゾンや楽天でも取り扱いがあるので、下のリンクから確認してみてくださいね!

 

カビやダニアレルギー物質の除去もできるので、生まれたばかりの赤ちゃんや子どもがいるご家庭も、換気口フィルターの定期的な交換で新鮮な空気を部屋に取り入れ、子育てをしてあげてほしいなと思いますね。

 

イエコンマスクは換気口に合ったものを使わないといけないので、形状やサイズ、メーカー名を確認してから購入しましょう。

出典:iecon-mask.jp/etc/how_to/filter-step

 

「んー面倒!」という方や「そもそも換気口にフィルターが設置されてなかったよ!」という方は、換気口に被せるだけで部屋の空気がキレイになるポレットがおすすめ。

イエコンマスクを販売している会社が開発したものです、花粉も90%軽減できるのでポレットを買ってみてもいいと思います。

 

まとめ

 

家の中での花粉症がひどい人は、ぜひ自宅での花粉症対策をしてみてください!

私も換気口フィルターに花粉除去機能があるなんて知らなかったので、取り入れてみたいと思います!

sponsored link

                      

 - ライフ
 -