いそ小判海苔本舗の責任は?焼きのりの裁断と梱包を東海屋が委託

      2017/03/04

東海屋が製造した焼きのりにノロウイルスが付着していた問題で、対象の焼きのりの裁断や梱包が、「いそ小判海苔本舗」に委託されていたことが判明しました。

詳しく見ていきましょう。

sponsored link

きざみのりの梱包はいそ小判海苔本舗に委託していた?

 

東海屋が製造した「キザミのり 2ミリ 青」からノロウイルスが検出された問題ですが、梱包は大阪市にある「いそ小判海苔本舗」という企業に委託していたという情報が入りました。

また、東海屋から自主回収についてのリリースが出たので、ご紹介します。

  • いそ小判海苔本舗が裁断と梱包作業をして出荷している
  • 焼きのりは加熱処理をしており、商品にノロウイルスが付着していたとは考え難い
  • よって裁断・梱包作業過程で作業員を介して混入した可能性がある

ということです。

 

まだ検証段階ではあると思うんですが、委託企業に責任を押し付けているような印象を持ってしまいます。

sponsored link

自主回収の商品は?

 

ノロウイルスが付着していたきざみのりは、学校給食などの業務用として販売されていますが、下記の3商品は小売販売されているのりに、ノロウイルスが付着している可能性もあるということで、自主回収を進めているようです。

 

対象の商品は

 

  • もみのり 100グラム袋
  • もみのり青 100グラム袋
  • もみもり(徳用) 100グラム袋

 

消費期限が2017年12月1日~2018年2月5日のものが対象ということなので、購入した覚えがある人は必ず確認しておきましょう。

 

大阪市も正式な通知を出しています。

名称:焼のり

品名:キザミのり 2ミリ 青

製造者(表示上):㈱東海屋 大阪市都島区中野町2-5-2

包装形態:100g 合成樹脂製袋詰(10袋 ダンボール箱入)

賞味期限:17.12.01

回収を開始した年月日:平成29年2月28日

※表示上製造者は株式会社東海屋と記載されていますが、東京都の給食で使用された「キザミのり」は、株式会社東海屋では製造・加工を行っておらず、実際の加工(裁断、袋詰め)は株式会社東海屋から「いそ小判海苔本舗」に委託されております

出典:www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kenko/0000392562.html

 

流通状況は下記の通りです。

出典:www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kenko/0000392562.html

いそ小判海苔本舗が無期限の営業禁止へ

 

東海屋から委託を受けていた、いそ小判海苔本舗ですが、ついに営業禁止の処分が決定してしまいました。

しかも無期限です。

 

社長のお爺ちゃんの人柄にも注目を集めましたけど、食品を扱う企業としての意識の低さは、どうかなぁって感じだったので仕方がないでしょうね。

お爺ちゃんの年齢的にも、いそ小判海苔本舗は廃業になりそうな予感です。

 

ノロウイルス対策に、アマゾンで一番売れてる除菌スプレーをご紹介したいと思います。

詳しくは下のリンクをご覧ください!


sponsored link

                      

 - 社会
 -