橘慶太の個人事務所はDMDのため?あややの復帰も加速か

   

 

橘慶太が個人事務所を設立していたというニュースが話題になっています。

 

このままw-inds.は解散してしまうんじゃないか

といった不安を感じているファンも多いようですが、解散はないと思っています。

 

 

個人事務所設立はDMDのためではないか

といった意見もあるようなので、詳しくご紹介したいと思います。

 

sponsored link

w-inds.の年内解散はない?

 

松浦亜弥が橘慶太の個人事務所に移籍することが明らかになった9月16日、w-inds.は名古屋でライブを開催していました。

 

橘慶太はライブMCでは個人事務所設立に関しては触れてない模様。

まぁ当然ですね。

 

ライブに参戦したファンが気になるツイートをしてます。

橘慶太はあややのリリースが出ることは当然知っていたでしょうし、なにか思う所でもあったんでしょうか?

 

 

一方で、ライブMCではこんなやりとりも。

年内に新曲を出したいっていうポジティブな言葉があったのは、ファンの不安も吹き飛ぶ要素なんじゃないかと。

 

そもそもw-inds.ファンは解散や橘慶太独立とは見てない人が多いみたいですね。

でも、橘慶太ファンからしたらあややの影がちらくつ話題って嫌いそうなもんですよね。

久しぶりの武道館公演も控えているのに、水を差すようなニュースだと思うんです。

sponsored link

個人事務所設立はDMDのため?

 

橘慶太が個人事務所を設立したのは、2017年から活動しているDMD(Don Million Dollar)の活動を本格化させるためでは?という見方もありますね。

 

w-inds.の活動は今まで通りライジング。

DMDでの活動と、あややのプロデュースは個人事務所でみたいな感じになるのかな?

 

橘慶太の自宅にはスタジオがあるのは知られた話。

出典:KEITAインスタグラム

本格的な楽曲制作を行ってますし、今まで以上に個人活動にも力を入れていく気もあるのではないかと思います。

道産子ファンとしては複雑な心境ではあるでしょうが、それぞれの進みたい道もあるでしょうからね。

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -