橘慶太は個人事務所設立で独立?w-inds.の脱退や解散は?

   

 

松浦亜弥が所属事務所を移籍するというニュースが話題です。

 

ニュースの中で橘慶太が個人事務所の存在が明らかになりましたが、w-inds.ファンや橘慶太ファンには寝耳に水の話だったようです。

この記事では、橘慶太の個人事務所の名前についてや、ライジングからの独立、橘慶太のw-inds.脱退の可能性についてご紹介したいと思います。

 

sponsored link

橘慶太が個人事務所を設立にw-inds.ファンがざわめく

 

松浦亜弥が、所属していたアップフロントグループを退社し事務所を移籍することが発表されました。

 

アップフロントからのリリース文を引用します。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社は2017年9月15日をもって松浦亜弥との専属マネージメント契約が終了となりましたことをご報告させていただきます。
2000年のオーディション合格よりアップフロントグループに在籍し、約17年間 活動してまいりました。2013年の結婚以降は、現在まで家庭・育児に専念しておりますが、この度の契約期間満了に伴い今後の活動に関して本人と話し合った結果、弊社との専属マネージメント契約を円満に終了する結論へと至りました。
松浦は、今後は夫である橘慶太氏の個人事務所に籍を移しますが、本人に関する問い合わせ等は、しばらくの間、弊社にて対応させていただきます。
今後とも松浦亜弥へ皆様のお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

出典:アップフロントクリエイト

リリースにもありますが、あややの夫はw-inds.の橘慶太です。

 

w-inds.が所属している芸能事務所は、観月ありさや西内まりや、MAX、三浦大知も所属しているライジングプロダクションです。

橘慶太が個人事務所を立ち上げていたという発表はいままで一切なく、w-inds.ファンからは戸惑いの声も多く上がっているんですよね。

w-inds.はライジングに所属しているのに、橘慶太がなぜ個人事務所を立ち上げているのか不安に思う気持ちもすっごく分かります。

 

 

橘慶太はw-inds.を脱退するんじゃないだろうか。

w-inds.ごとライジングを辞めるってことになるのかな。

w-inds.が解散するってこと?

橘慶太は独立して個人事務所で活動するんじゃないの?

 

なんていう憶測ばかりが広がってしまいますね。

9月16日現在、橘慶太本人からも何のコメントもありませんし、詳細が一切分からないのはモヤモヤするファンも多いだろなと思います。

sponsored link

橘慶太の個人事務所の名前は?

 

橘慶太の個人事務所の概要がかなり気になりますよね。

特に、どんな名前の個人事務所なのかって点に注目が集まっていますが、9月16日現在は一切のリリースがありません。

 

そもそも、橘慶太の個人事務所はまだ設立されていないのでは?と考えられるのが、あやや移籍のリリース文にある「本人に関する問い合わせ等は、しばらくの間、弊社にて対応させていただきます。」という部分です。

橘慶太の個人事務所がすでに事業を開始していたとしたら、わざわざアップフロントが一時的な問い合わせ窓口になる必要もないんじゃないでしょうか。

 

橘慶太の個人事務所は立ち上げ準備中で、今後正式に事業を開始するのではないかと個人的には思います。

正式な立ち上げが行われたら公式サイトもスタートするでしょう。

sponsored link

橘慶太は独立するから個人事務所を設立したのか

 

w-inds.ファンが一番気になるのは、橘慶太がライジングから独立してしまうのではないかということだと思います。

橘慶太一人でライジングを辞めてしまったら、w-inds.の活動も難しくなるでしょうし、千葉涼平や緒方龍一がどうなってしまうのかと心配する声もありますもんね。

 

正直、事務所からの独立って、喧嘩別れして出ていくっという悪いイメージを持つ人も多いんじゃないかと思います。

私もそうでした。

 

詳しく調べてみると、個人事務所の設立ってケンカ別れパターンは少ないそうなんです。

事務所独立について解説しているサイトを引用します。

大手プロダクションに所属しつつ、個人で会社を作るという形です。なので、「今まで個人として契約していたところを個人事務所との契約とする」ということです。

会社を設立し、個人事務所にしてしまえばギャラが会社に一旦収入として入り、その会社(個人事務所)から給料をもらうという形にすれば、経費などを計上してしたり、家族に分散したりすればかなりの節税になります。

出典:ModelNAVI

税金対策の為に個人事務所を設立することがよくあることなんですね。

 

2017年3月には橘慶太が楽曲を作って、あややが歌手復帰するプロジェクトが進んでいるっていうニュースもありました。

参考:女性自身

 

橘慶太の個人事務所設立は、松浦亜弥の歌手復帰をしやくする狙いもあるんじゃないかと個人的には思います。

あややの為の個人事務所であって、w-inds.解散や独立をするためじゃない気がしますね。

 

2016年には解散危機は無いと明言してますしね!

今年でデビュー15周年を迎え、これまで解散の危機があったのか聞かれると、メインボーカルの橘慶太は「我が強いので、スタッフや会社に対して『この音楽でいきたい』と強く言うことはあっても、解散の危機はないです。3人での揉めごとはまったくないです」とキッパリ。緒方龍一も「3人ともw-inds.がそれぞれ好きでいるからかな」とグループ愛をアピールした。

出典:ORICON NEWS

とはいえ、w-inds.ファンには心配なニュースであることは間違いないです。

 

個人事務所設立はDMDの活動のためとも…

・橘慶太の個人事務所はDMDのため?あややの復帰も加速か

 

あやや表舞台に復帰する可能性が高くなったのかなとも考えられますが、橘慶太ファンからしたらどんな風に映るのかはまた別の話ではあります 笑

sponsored link

                      

 - エンタメ, ニュース
 -