くまモンのイントネーションで大論争?祝、活動再開!

      2016/07/24

熊本県のPRマスコットキャラクターでゆるキャラのくまモン。

熊本地震発生以来、その活動を自粛していましたが最近になり活動を再開したことでも話題になりました。

くまもんのイントネーションについて気になる方が多いようです。

sponsored link

どっちが正解?くまモン のイントネーション問題

くまモンと口に出してみると分かる通り、人によって二つのイントネーションに分かれるはずです。

一つは『く』に強いイントネーションを置く言い方。

もう一つは抑揚を付けずに発音する言い方です。

前者のイントネーションはゴキブリ退治でおなじみの『バルサン』をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

なんとなく可愛らしく聞こえますよね。

くまモン産みの親でアートディレクターの水野学さんはこの“く”にアクセントを置くつもりで名付けたと公表しています。

しかし、実際の正しいイントネーションは後者の抑揚を付けずに発音する言い方なのです。

九州では比較的耳にする事が多い、「よそもん」「じげもん」と同様ですね。

元フジテレビアナウンサーの『カトパン』のイントネーションをイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

くまモン自身はこちらのイントネーションが良いとツイッターで発言をしたこともあるそうです。

放送業界でもどちらのイントネーションが正しいのか、意見が分かれている様子です。

熊本県の人気ゆるキャラ「くまモン」。実は、テレビ局によって発音が異なっている。「くま」に強いアクセントを付ける呼び方と、抑揚のない呼び方だ。放送業界で議論が沸騰した時期もあったが、人気の広がりとともに「共存」が定着してきた。

出典:「くまモン」発音、平板か頭高か どう呼ばれたい?直撃(外部サイト)

熊本県内でもどっちのイントネーションが正しいのかという意見が分かれているようですね。

どちらにせよ、活動再開によって熊本県民の皆さんに元気を与えてほしいですね!

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -