ミスターポーゴ(関川哲夫)の素顔画像!いい人伝説が話題!

   

 

プロレスラーのミスター・ポーゴこと、関川哲夫さんが死去したというニュースが話題です。

 

極悪の悪役レスラーとしてFMWやW★ING、大日本プロレスで活躍していました。

2017年現在は怪我に悩まされていたポーゴですが、死因はなんだったんでしょうか?

 

ミスター・ポーゴの素顔や、いい人伝説についてもご紹介しています。

 

sponsored link

ミスターポーゴの死因は?

出典:twitter.com/mrpogosama

プロレスラーのミスター・ポーゴこと、関川哲夫さんが群馬県の病院でお亡くなりになりました。

 

ペイントをした強面の顔や、ドスの効いた低音ボイス。

鎖鎌を始めとする多種多様な武器で対戦相手を流血に追いやったり、ビッグファイヤーと呼ばれる火炎噴射で相手を攻撃したりと、極悪大王というニックネームで根強い人気でした。

 

 

FMWで行われた、大仁田厚との電流爆破デスマッチなんかは伝説の一戦として語り継がれています。

 

2003年には地元の伊勢崎市議会議員選挙に立候補しましたが、最下位で落選。

飲食店経営をしながプロレスラーとして活動を続けていましたが、2015年には腰部脊柱管狭窄症の手術を受けて、プロレスラーとしてはセミリタイア状態でしたね。

 

思うように歩けなかったりと日常生活もままならい状態でしたが、リング復帰を目指してリハビリをしている最中でした。

 

関川哲夫さんは6月22日に脊椎後弯症の再手術を受けており手術中の麻酔の際に不整脈が発生し血圧が低下し、脳梗塞を発症したと関係者が明かしています。

ミスター・ポーゴが設立したプロレス団体WWSのスタッフや親族に見守られて、息を引き取ったということです。

sponsored link

ミスターポーゴの素顔はいい人だった

出典:blogs.yahoo.co.jp/yappy1023y/41711558.html

リング上では極悪のミスター・ポーゴですが、リングを降りればいい人だということは良く知られた話です。

 

ミスター・ポーゴと交流があった、フリーアナウンサーの三田佐代子さんもこんな風に語っています。

誰もが知る通り素顔のポーゴさんは極悪大王なんかじゃなくて、寂しがり屋の可愛い方だった。選挙に出馬するというので伊勢崎にロケに行ったら、仕込みでも何でもなくて大きな荷物を持ったおばあさんが道路を渡っていて、ポーゴさんは荷物を持って一緒に道路を渡ってあげていた。お腹空いたでしょう、と言って山盛りのおうどんを用意して下さっていたこともあった。

出典:d.hatena.ne.jp/sayokom/20170623#p1

なんともほっこりするエピソードですよね。

 

関川哲夫さんの人柄でしょうか、プレスラーからも多くの追悼コメントが発表されています。

リング復帰とはいかなくても、元気な姿をもう一度見たかったですね。

 

ファイプロでビッグファイヤーを連発するのが大好きでした。

新作のファイプロワールドでは、マスター・トーゴーを絶対エディットしようと思います。

sponsored link

                      

 - プロレス
 -