オカダ・カズチカの年収=フェラーリ?マツコと共演でギャラもアップ!

   

新日本プロレスのオカダ・カズチカがマツコの知らない世界に出演し話題になっています。

人気プロレスラーという事で年収について気になっている方が非常に多いようですね!

そしてオカダ・カズチカはフェラーリオーナーであるという噂も・・・

sponsored link

オカダ・カズチカの年収は?

オカダ・カズチカは新日本プロレスのエースとして新日本プロレス人気を復活させた立役者の一人です。

自らを「レインメーカー」と名乗り「新日本プロレスに金の雨を降らせる男」として大活躍しています。

1987年11月8日生まれの28歳ながらIWGPヘビー級王座を4度戴冠していて、現役のIWGPヘビー級王者でもあります。

2016年は新日本プロレスのみならずプロレス人気が高まっていて、オカダ・カズチカはプロレス界にも金の雨を降らせる事に成功しました。

191cmの長身かつ端正なルックスで女性人気も高く名実ともに日本プロレス界のトップに君臨しています。

そんなオカダ・カズチカの年収について気になっている方も多いようです、

一般的にプロレスラーの年収は公にされていませんが、全盛期の武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、いわゆる闘魂三銃士の年収は5,000万円だと言われています。

新日本プロレスのような大手の団体だと複数年契約を結んでいるのが通常です。

基本的には2年契約を結んでいる事が多いのですが、オカダ・カズチカに限っては5年契約を結んでいるとも噂されています。

日本のプロレス団体では5年契約は異例中の異例で、オカダ・カズチカが新日本プロレスにとって重要な選手であることが分かるかと思います。

ではオカダ・カズチカが闘魂三銃士より高い年収なのでしょうか。

具体的な年収を紐解く鍵がフェラーリにありました。

sponsored link

オカダ・カズチカの愛車は本当にフェラーリだった!

オカダ・カズチカは2015年にフェラーリ488 GTBを購入したと明かしています。

その価格はなんとオプション込みでなんと3,600万円!!

これは驚きですよね。

28歳でフェラーリのオーナーになるなんてものすごく稼いでいるのでしょうか?

どうやらそうでもないようなのです。

新日本プロレスオーナーの木谷高明氏がこう明かしています。

「新日本プロレス所属のレスラー、オカダ・カズチカは高級車フェラーリを買いました。彼の今の年俸では買えません。なぜ買ったのか。彼は『フェラーリで会場に乗り付ける自分を見て、後から続く人に夢を追ってほしいからだ』というのです。プロレスラーで人気が出たらフェラーリに乗れる、というわかりやすい夢です。彼の年収は実際これからも上がっていくし、CMなどのオファーも増えています。彼は非常にしっかりしていると思います」

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

フェラーリオーナーはキャッシュで購入するのが一般的なので、彼の年俸では買えないと明かしている通りオカダ・カズチカ年収は3,600万円には満たないと考えられます。

全盛期の闘魂三銃士には到底及ばないという事になりますが、テレビやCMの露出も増えていますし木谷高明氏の言う通り年収は大きく跳ね上がっていくことでしょう。

アメリカの人気プロレス団体WWEのトップレスラーになると年収1,000万ドル(約12億円)以上も稼ぎ出していると言われています。

映画やグッズ販売の権利収入など、日本のプロレスラーとは収入減が大きく異なりますがアメリカではプロレスラーは稼げる職業なんですね。

まとめ

プロレスラーが罰ゲームなどの色物扱いじゃなくてゴールデンタイムで「プロレス」を紹介するってよく考えればあまり見ない光景ですよね。

オカダ・カズチカもマツコの知らない世界への出演でより知名度を増したのではないでしょうか。

オカダ・カズチカもWWEのスーパースターに負けないくらいに稼いでプロレス人気をもっともっと高めてほしいですね!

sponsored link

                      

 - プロレス
 -