プレミアムフライデー 中小企業は対応できる?賃金カットで個人消費下がるんじゃ?

   

新しい経済政策「プレミアムフライデー」の構想が公になりました。

どんな政策なんでしょうか?

sponsored link

プレミアムフライデーとは?

個人消費を喚起するための新しい構想のようです。

プレミアムフライデーは、早い時間での退庁・退社に合わせて夕方に流通業界や旅行業界、外食産業などが連動してイベントを開催するという内容。

出典:月末の金曜は午後3時退社 個人消費喚起へ「プレミアムフライデー」構想(外部サイト)

毎月月末の金曜日は午後3時に退庁と退社をして、その後に買い物や旅行をして個人消費を高めましょうという計画です。

なぜ個人消費を喚起させたいのかな?と思いましたがそれなりの理由があるみたいです。

政府は2020年をめどに名目国内総生産(GDP)の600兆円実現を掲げている。経団連は、実現には現在300兆円にとどまっている個人消費を360兆円に引き上げることが欠かせないとみている。
出典:月末の金曜は午後3時退社 個人消費喚起へ「プレミアムフライデー」構想(外部サイト)

そもそも月末の金曜日なんて最も忙しい時期じゃないかなと思いませんか?

sponsored link

プレミアムフライデーへの反応は?

勘違い構想感がありありと出ているプレミアムフライデーに世間も呆れています。

大半はプレミアムフライデーへ否定的な意見です。

実行できる会社は大企業や官公庁に限られてくるのでしょうか?

プレミアムフライデーは中小企業も実施できるの?

日本は99.4%が中小企業です。

正直な所ほとんどの中小企業が月末の金曜日に午後3時退社を実施できる余裕なんてないと思います!

大手企業が実施できても中小企業には無理でしょう。

大手企業がプレミアムフライデーを実施した場合、下請けにしわ寄せが来るでしょうね~

15時退社だと賃金カットされて余計個人消費も落ち込むんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

他に問題点はないかと考えてみると・・・

・そもそもサービス業に就いている方はプレミアムフライデーの恩恵を受けられないのではないか
・プレミアムフライデーが適用された企業で時給制で働いていた場合給料が減ってしまうのではないか

・いくら早く帰っても元々の収入がないので消費する気になれないのではないか

10月には具体的な方針が決定されるみたいです。

 

sponsored link

                      

 - 社会
 -