市川紗椰はアニメオタクだった!「ユアタイムで忙しくても欠かさずチェック!」

      2016/07/24

41ee5974ce96d9198f4bdb41f97242ed_s
人気モデルであり最近では報道番組「ユアタイム」のメインキャスターに抜擢された市川紗椰さんですが、その美貌に似合わず、オタク気質であることをご存知でしょうか。

鉄道やフィギュア、ゲームなど多種多様な趣味があるそうなんですが、そのなかでも今回は市川紗椰アニメオタクっぷりについて掘り下げてみたいと思います。

sponsored link

市川紗椰がアニメを好きになったきっかけとは

市川紗椰はアメリカの人の父と日本人の母を両親に持つハーフモデルです。

生後4か月から14歳までアメリカで育っており、16歳にモデルデビューをしています。

ブログのカテゴリーにもアニメの項目を作っているほどのアニメオタク市川紗椰

アニメを好きになるきっかけで多いのは、幼少期からアニメを見続けたいたり、近年流行している深夜アニメにハマったなどの様々な要因があるかと思いますが、幼少期をアメリカで過ごした市川紗椰は何をきっかけにアニメを好きになったのでしょうか。

調べてみるとアニメを好きになったきかっけは「ガンダムW(ウィング)」を見てからであり、9歳の時、アメリカに住んでいた時代に見ていたようです。

テレビ番組では「一日中アニメを見ていたい」「アニメを見ながら実況するのが大好き!」と発言するほどの筋金入りのアニメオタクのようですね。

友人の結婚式で「機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダムΖΖ」の登場人物であるハマーン・カーンのコスプレをして「機動戦士Ζガンダム」』のオープニングテーマ曲である「水の星に愛をこめて」を熱唱してしまい友人にドン引きされてしまったというとんでもないエピソードも持っているようです。

放送されているアニメは毎期必ず録画してチェックをしていたそうですが、ユアタイムのメインキャスターに抜擢されてからは番組が終わってから帰宅すると丁度深夜アニメが始まる時間で、楽しい生活を送っているようです。

sponsored link

市川紗椰はどんなアニメが好きなのか

各種メディアのインタビューなどでは「銀河鉄道999」「ガンダムシリーズ」「聖戦士ダンバイン」の大ファンである事を公言しています。

他にも「セーラームーン」や萌え系の可愛い女の子が出てくるアニメも好んで見ているそうです。

前述したとおり、放送されているアニメは欠かさずにチェックしているので、オールジャンルでアニメ自体が本当に大好きなようです!

アニメに限らず、自宅にフィギュアを何千体も保管していたり、お仕事が忙しいにもかかわらず、アニメのチェックは欠かさない市川紗椰は根っからのオタク気質であることが伺えますよね。

 

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -