渋谷恭正はPTA会長に立候補してた!保護者会会長の決め方は?

   

千葉県我孫子市のベトナム国籍小学3年女児に関する事件で、渋谷恭正容疑者が逮捕されました。

渋谷恭正容疑者はベトナム人女児が通っていた、松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」PTA会長をしていました。

 

PTA会長の決め方が気になる方が多いようなので、詳しく解説していきます。

 

sponsored link

PTA会長の決め方は?

 

PTAの役員は、毎年の年度始めである4月に決定される小学校が一般的です。

小学校によって異なりますが、1年間丸々担当する場合や、前期と後期に分けられる場合もあります。

 

PTA役員の仕事ですが、一般的には

  • PTA会長
  • PTA副会長
  • 会計
  • 会計監査
  • 書記

などはかならずありますね。

 

 

学校によって

  • 広報委員
  • 文化委員
  • 安全委員
  • 保健委員

などの委員会が存在しています。

 

 

PTA会長の主な仕事は

  • 学校集会での挨拶
  • PTA会議の役員招集や通知
  • 校外のPTA関係集会への出席

などがあげられます。

対外的な仕事も多く、他のPTA役員よりも忙しいのは間違いないですね。

 

 

PTA会長を決めるには、基本的に自薦や他薦となります。

といっても、わざわざ面倒なPTA会長なんて進んでやりたがる人もいないので、話し合いで決めたり、くじ引きで決めることも多いですね。

 

サラリーマンでもPTA会長をしている人も当然いますが、学校行事は平日開催が多いので、休みが取りやすい自営業の人がPTA会長にさせられる事例も多いです。

sponsored link

PTA会長になるメリット

 

面倒なPTA会長になるメリットなんてあるのかと思うでしょうが、自薦で立候補する人にはなにかしら理由があるとする意見が多いですね。

 

面白い記事がありました。

PTA会長になろうという人間は、大なり小なり“スケベ心”を抱いているのも事実です。異性に対するスケベ心だけではなく、自身の仕事や商売へのメリットを計算し、会長を引き受ける方も少なくありません。

特に、下町エリアではその傾向が顕著です。実際、私の地区にある小学校のPTA会長はすべて男性で、その8割は地元で商売を営む自営業者や会社経営者です。彼らは比較的、時間にも融通が利くので、地域の様々な会合に積極的に参加して顔と名前を売っています。「町会や自治会との繋がりを深め、将来的に区議会議員を目指す」という野心家もいました。

中には、校長と懇ろになり、自身が会長を務める小学校の修繕工事を受注してしまった工務店の社長さんもいました。ところが、彼は工事が終わった途端、「一身上の都合」を理由にPTA会長を辞任。工費が少額だったため大騒動には至りませんでしたが、同じ学区内では今も語り草になっています。

出典:www.news-postseven.com/

確かに何かしら得がないと、PTA会長なんてやってられないのかもしれません。

 

千葉県我孫子市で起こったベトナム人女児の事件も、渋谷恭正容疑者もPTA会長でした。

しかも自薦で立候補しています。

マンションのオーナーをしている渋谷容疑者は時間に余裕があり、六実第二小に自身の子供2人を通わせていたことから「子供と関わりたい」と自ら保護者会の会長に立候補したという。

出典:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000510-san-soci

渋谷恭正容疑者なりのメリットを考えたすえでの立候補だったのでしょうか。

 

こんな事件が起こってしまうと、PTA会長に立候補する人がますます少なくなりそうですね。

 

最初の報道では「PTA会長」という表記が多かったですが、午後からは「保護者会会長」に変わっているニュースが多いですね。

疑問に思ったので調べてみると、こんなツイートが。

保護者有志による会なのか、学校も関わっている会なのかということですね。

二小会がどちらの保護者会なのかによって、見方も変わってきそうです。

 

下の記事もぜひご覧ください。

渋谷恭正の子供は娘?募金活動でベトナム人女児遺族を帰国させる

sponsored link

                      

 - 社会
 -