高樹沙耶 相棒の再放送が逮捕で完全消滅!降板理由の真実は草?

   

高樹沙耶が2016年10月25日に逮捕されましたが、以前は人気女優としてドラマや映画に引っ張りだこでしたよね。

高樹沙耶の逮捕によって、ドラマファンにも人気が高い「相棒」の再放送がもう見られなくなってしまうかもしれません。

今後の行方について詳しく見ていきましょう。

sponsored link

高樹沙耶の逮捕によって相棒の再放送はどうなるの?

高樹沙耶の逮捕という衝撃的なニュースが芸能界を賑わせていますが、テレビの放送スケジュールにも大きな影響を与えそうなのです。

高樹沙耶といえば、以前はオスカープロモーションに所属し、2011年まではテレビドラマや映画で活躍していた事も記憶に新しいところです。

2012年10月末にてオスカープロモーションを退社してからは「ナチュラリスト」と名乗り、沖縄県石垣市で虹の豆 浮世離れというペンション経営をしていたこともよく知られています。

女優として活動を行っていた約28年間の中でも人気作品と言えばテレビ朝日系列で放送されていた「相棒」ではないでしょうか。

高樹沙耶は杉下右京の元妻で小料理屋「花の里」の女将「宮部たまき」 役として「相棒」のプレシーズンからseason10 の第一話まで約11年4か月にわたってレギュラー出演をしていました。

宮部たまきの発言をきっかけに事件が解決に向かっていくことも多く「相棒」では重要な役柄でしたよね。

しかし、高樹沙耶は理由もなく突然「相棒」を降板してしまうという事態が巻き起こるのです。

season10までは出演してほしいとテレビ朝日側も粘り強い交渉を続けていましたが、高樹沙耶は受け入れることなくseason10の第一話を最後に宮部たまきを見る事は出来なくなってしまいました。

「宮部たまき」は重要な役だったので、視聴者が納得するような演出をしたかったそうですが、結局「お遍路で自分探しの旅に出る」という曖昧な脚本に終始してしまう事になりました。

ここで気になるのが「相棒」の再放送は一体どうなってしまうのかという事です。

2016年現在も「相棒」シリーズの再放送が夕方に行われていますが、再放送にも関わらず視聴率8%台を常にキープしており、日によっては視聴率2桁を記録する日もあるのです。

テレビ朝日にとっては放っておいても視聴率が取れる「相棒」の再放送は重要なコンテンツなのです。

高樹沙耶が逮捕された10月25日も「相棒season7」第13話の再放送がスケジュールに組み込まれていましたが、緊急で「相棒Season14」第12話に差し替えられました。

高樹沙耶は主人公ではありませんが、テレビ朝日としてもリスクを避けたいところだと思いますし、しばらくは高樹沙耶が出演しているシーズン初期の再放送は見送りになる可能性が高いでしょう。

寺脇康文も出演していた「相棒」のシーズン初期は脚本が良く「相棒」ファンにも人気が高いので、テレビ朝日にとっても大きな損失ですね。

「相棒season10」第1話までと劇場版3作を合わせて全175話ありますが、高樹沙耶が出演した回はなんと全133話もあり、出演シーンをカットして放送する事も非常に難しいのではないかと思います。

sponsored link

相棒の降板理由 真実は

高樹沙耶が「相棒」を降板した理由について、テレビ朝日側は公にしていませんが、降板当初は脱原発を訴える活動に力を入れるために芸能界を引退したとささやかれました。

しかし、今回の逮捕によって高樹沙耶は自ら辞めたのではなく、相棒の降板劇時点ではすでに草を使用していてオスカープロモーションが高樹沙耶の異変に気付き解雇したのではないかと考えられます。

実際に「相棒」を降板した時期に言動が怪しい方向に進み出しているので、芸能界を干されていた可能性が高いようです。

高樹沙耶は容疑について否認していますが、ともに逮捕された森山繁は容疑を認めています。

以下の動画では高樹沙耶が草について語っていますので、ぜひご覧ください。

所持以外にも使用の容疑で再逮捕されてしまうのか、今後の情報に注目ですね。

関連記事

高樹沙耶が現在の同棲相手4人と草使用?石垣島でも常習か?

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -