三池崇史監督の代表作はこの3作で決まり!しかし、作品がつまらないと酷評も・・・?

      2016/07/24

2016年4月29日に公開予定の映画『テラフォーマーズ』

マンガ作品の実写化となりますが、キャストは伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之と非常に豪華な顔ぶれで話題になっています。

監督の三池崇史さんは多数の人気作品を撮っている名の知れた映画監督ですが、作品の評価がイマイチという口コミを多く聞きます。

実際の所はどうなのでしょうか?

sponsored link

三池崇史監督の代表作を3作品ご紹介いたします!

三池崇史監督の映画は60作品以上公開されており、代表作も沢山あります。

その中から一部ではありますが、3作品をご紹介させて頂きたいと思います。

三池崇史監督と聞いてまず思い浮かぶのはこの作品、という方も多いのではないでしょうか。

2007年公開の『クローズZERO』です。

少年チャンピオンでの連載終了後も根強い人気を誇る高橋ヒロシのコミック「クローズ」をオリジナルストーリーで実写映画化。原作より過去に遡り、不良たちが集まる鈴蘭男子高校で勃発した史上最大の抗争を描く。幾つもの派閥が勢力争いを繰り広げている鈴蘭男子高校。現在の最大勢力は、3年の芹沢が率いる一派だ。そこに鈴蘭制覇を狙う転入生・滝谷が現われ……。鬼才・三池崇史がメガホンを取り、小栗旬、山田孝之、黒木メイサら豪華キャストが集結。

出典:映画.com(外部サイト)

興行収入は約25億円と大ヒットしましたが、その評価はいまいちのようです。

小栗旬、山田孝之、高岡蒼甫の三人が抜群にかっこいい!!特に小栗旬のアクションは、男も痺れるカッコ良さ。長身に、着崩した制服。手足の長い身体から繰り出される全身を使った蹴り、パンチ、躍動。デカいスケールで展開するアクションシーン、ピリピリするムード感はとてもいいんだけど、途中で入る黒木メイサのライヴ。アレは何??恋愛も含めたいのかも知らんが、全く必要無い。むしろ冷めてしまう。というよりこの映画に恋愛(むしろ女性)は必要ないんじゃないだろうか。商業的なこととか、色んな大人の事情が絡んでの事なんだからしょうがないんだろうが、映画は一つの作品。そう考えると致命的になってくると思う。

出典:映画.com(外部サイト)

カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された事でも話題となったこちらの作品。

2013年公開の『藁の楯』です。

大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也らの豪華共演で、木内一裕の同名小説を映画化したサスペンスアクション。監督は「十三人の刺客」「悪の教典」の三池崇史。孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中がにわかに殺気立ち、身の危険を感じた犯人の清丸国秀は福岡県警に自首する。警察は警視庁警備部SPの銘苅一基、白岩篤子ら精鋭5人を派遣し、清丸を福岡から警視庁まで移送させる。しかし、清丸への憎悪と賞金への欲望にかられ、一般市民や警護に当たる警察官までもが5人の行く手を阻む。

出典:映画.com(外部サイト)

興行収入は18.3億円とこちらも大ヒットでしたが、評価はいまいちのようで・・・

せっかくの壮大で奇抜な設定がご都合主義のありえない展開の連続で台無し人は簡単に死にすぎ、主人公たちは話を盛り上げるために筋の通ってないありえない行動をしすぎクライマックスなんて最悪。もはや笑いが出てきてしまった。地上波で見てよかった。これをお金払って見ていたら後悔しか残らなかっただろう。

出典:映画.com(外部サイト)

そして三池崇史監督史上1番の大ヒットで近年の代表作といえばこちらではないでしょうか。

2009年公開の『ヤッターマン』です。

970年代のタツノコプロ製作の同名人気アニメを、「クローズZERO」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の三池崇史監督が実写映画化。タイトルロールのヤッターマン1号に櫻井翔、2号に福田沙紀。ライバルのドロンジョに深田恭子。4つ揃うとなんでも願いが叶うというドクロストーンめぐる、ヤッターマンとドロンジョ率いるドロンボー一味との戦いを描く。

出典:映画.com(外部サイト)

興行収入31.4億円と大ヒットで当時はまさかの実写化として非常に話題になりました。

こちらの作品は好意的な評価が多いようです。

実写化すると聞いて観賞する前は、リアルタイムにタイムボカンシリーズ見ていた者として大丈夫かと言うのが素直な感想。実際に見てみるとバンザイ三悪人、深キョンの衣装が注目を集めていたけど生瀬さんやケンコバさんの演技を含め良い作品。演出も脚本もアニメの世界観を壊すことなく表現されてる良い作品。

出典:映画.com(外部サイト)

多数の代表作を持つ三池崇史監督。

実写化作品も多く手がけていることから、原作ファンからなにかと酷評されてしまう機会も多いようです。

気になる作品があったら、ぜひご覧になって見てはいかがでしょうか。

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -