3億8000万円の重さと3.8億円を現金で引き出した理由(福岡天神強奪事件)

   

 

福岡県福岡市中央区天神で発生した、3億8000万円の強奪事件。

 

平日とはいえ、福岡県最大の繁華街天神の中心部での犯行に驚きの声が上がっています。

目撃者も多数いましたが、犯人は逃走中です。

 

今回発生した3.8億円の強奪事件、なぜ被害者の男性は3億8000万円を現金で引き出す必要があったのでしょうか。

その理由に迫ってみたいと思います。

 

sponsored link

3億8000万円強奪事件の概要

 

事件が発生したのは4月20日(木)の正午過ぎでした。

 

福岡県福岡市天神の「みずほ銀行福岡支店」で、29歳の男性がスーツケースに入れた現金3億8400万円を奪われたというのです。

男性は銀行で現金を下し、外に出たところで犯人に催涙スプレーを吹きかけられ襲われました。

 

犯人の情報をまとめると

  • 現金を奪った犯人は3人組
  • 容疑者の一人は身長170~175センチ
  • もう1人は身長170~175センチ
  • 30~40代男性とみられる
  • 強盗後は白いワンボックスカーで逃走

ということですが、現在も逃走中です。

sponsored link

なぜ3億8000万円を現金で引き出した?

 

現時点で分かっている被害者男性の情報は下記の通りです。

  • 29歳の男性
  • 足立区の会社員
  • 3億8000万円をスーツケースに入れた

一体なぜ3億8000万円もの大金を現金で持ち運ぶ必要があったのでしょうか?

しかも足立区の会社員が、福岡にわざわざ来てまで。

 

 

振り込みでの送金ではなく、現金じゃないとダメだった理由が気になりますね。

  • 被害者が勤めている会社のお金
  • 現金取引が行われる予定だった
  • みずほ銀行なので宝くじの当選金

 

そもそも金額が大きいので、引き出すときには窓口ではなく、別室に案内されて行われているはずです。

会社のお金だった場合、現金を引き下ろすことが分かっていた身内の犯行だったり、取引先の人間が犯行だった可能性もありますね。

少なくとも3.8億円もの大金を一人で運んだことは不用心ですし、最低でも2人、警備員を付けるべきだったと言えるでしょう。

 

3億8000万円の重さは?

 

被害者の男性会社員は、3億8400万円を現金で引き出しスーツケースに入れて持ち運んでいました。

 

全て1万円札だった場合、総枚数3万8400枚ですね。

新札の1万円で1,000万円集めた場合の重さは約1.05kgです。

 

3億8400万円の重さを計算すると

 

40.32kg

 

ということになります。

 

だいたい佐野ひなこの体重と同じくらいですね。

 

 

スーツケースといっても軽いもので3kg近い重さがあるので、3.8億円と合わせても

 

総重量 43kg以上

 

になっていたということですね。

 

sponsored link

                      

 - 社会
 -