トレースとは?漫画家の東山むつきが真島ヒロに喧嘩を売り炎上中

   

漫画家の東山むつき氏が訴えている集団トレース騒動が大炎上中です。

東山むつき氏によると自身の漫画をトレースして発表している漫画家が真島ヒロ氏をはじめとして複数いるという事ですが、事実なのでしょうか。

トレースという聞きなれない言葉についても焦点を当ててみたいと思います。

sponsored link

東山むつき氏のトレース炎上問題の詳細

 

漫画家の東山むつき氏が訴えているトレース騒動ですが、詳細を追ってみましょう。

 

まずは後輩の漫画家である大島安希子氏に噛みつきます。

 

大島安希子氏は東山むつき氏が訴えるトレース疑惑について、一切のコメントを出していません。

 

2017年1月3日には真島ヒロ氏に対してトレースをしているというツイートを投下。

真島ヒロ氏は週刊少年マガジンでFAIRY TAILの連載を持つ人気漫画家です。

 

東山むつき氏は真島ヒロ氏のファンに対して、呼びかけをはじめます。

 

その後集団でトレースされていると訴え、トレースチェックをしてくる人材を募集しはじめます。

 

集団トレースを率いているとして、梅田阿比氏を名指しで攻撃し始めます。

 

トレース騒動を拡散させようと必死です。

 

ついには詐欺であるとツイートをはじめます。

 

今度は真島ヒロファンにも牙を剥きます。

かなり攻撃的な東山むつき氏ですが、集団トレース騒動はツイッターでもトレンド入りしており、大炎上中です。

sponsored link

トレースとは?

 

ここで気になるのがトレースという言葉ですよね。

聞きなれない方も多いと思いますが、トレースとはいったいどんな意味なんでしょうか。

 

トレースとはこんな意味なんです。

トレース (trace) は、すでにある物をなぞること。またはなぞるべき痕跡のこと。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

 

つまり、東山むつき氏は自身が書いた漫画の図案がそっくりそのまま写し取られて別の漫画として発表されている。

集団的に盗作されていると訴えているんですね。

 

 

 

勘違いしてはいけないことは、トレース自体は絵を描くための技術の一つなので何も問題はないんです。

デザインや漫画を描く時には、素になるイラストや写真をトレースした上で手を加えて作品を完成させるケースもあるぐらいですから。

 

ただ、著作権がある絵をトレースして作品を作り漫画として販売することは著作権侵害となります。

 

東山むつき氏は確実にトレースされていると言っているわけですが、どう見ても構図やモチーフが似通っているだけのように感じますよね。

真島ヒロ氏にむけて訴えている構図はありきたりな汎用構図ですし、偶然に線画が被る事なんてざらにありますから。

素材にしかないオリジナリティの部分、例えばロゴなんかをそっくりそのままトレースしてしまうと問題ですが、構図やモチーフなんてものにはオリジナリティもなにもないんですよ。

 

真島ヒロ氏からのコメントは出ていないですが、今後の進展に注目ですね。

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -