台風3号2017最新進路予想!現在位置と日本への影響は?気象庁・米軍・ヨーロッパ予想図

      2017/07/03

2017年7月3日22時更新

 

台風3号 (ナンマドル)は沖縄の南を北上し、九州に接近すると予想されています。

 

梅雨前線の活動も活発になると予想されているので、大雨による被害が心配です。

早速、台風3号の現在の位置と最新進路予想を見てみましょう。

sponsored link

2017年「台風3号」の最新情報

 

現在の位置

 

2017年7月3日21時45分時点で、東シナ海にあります。

 

勢力

 

2017年7月3日21時45分時点で、勢力に関する発表はありません。

 

進行方向と速さ

 

2017年7月3日21時45分時点で、台風3号は北北東に35kmのスピードで進んでいます。

 

中心気圧と最大風速

 

2017年7月3日21時45分で、台風3号の中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は30m/s、最大瞬間風速は40m/sです。

 

2017年「台風3号」の気象庁最新進路予想

 

台風3号の5日間進路予想が、気象庁から発表されました。

出典:www.jma.go.jp/jp/typh/1703l.html

台風3号は7月3日に東シナ海に近づき、勢力を弱めていくと見られてます。

 

7月4日の15時には対馬近海に近づき、温帯低気圧に変わって本州へと進む見込みです。

 

7月3日(月)の深夜には沖縄の宮古島、石垣島に、7月4日(火)の朝には九州北部に最接近する可能性もあり、大雨による被害に最大限の注意が必要です。

 

最新の進路予想が発表されています。

今後は東寄りに進路を変えて、4日(火)朝に九州に接近・上陸する恐れあり。明日の深夜には関東に接近する可能性があります。西日本から東日本にかけて、強風や大雨、高波に注意が必要です。
台風3号情報

台風3号が接近、上陸のおそれがある九州は、4日午前中に1時間50ミリの非常に激しい雨に。四国や紀伊半島でも昼前後から発達した雨雲がかかり、夜は東海でも雨が強まるでしょう。梅雨前線に近い東北や北陸でも、引き続き大雨のおそれがあります。北陸は地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害に警戒です。
日本広域の進路予想

常に最新の台風情報を確認しておきましょう。

 

2017年「台風3号」のJTWC(米軍)・ECMWF(ヨーロッパ)予想

 

JTWC(米軍)の予想を見てみると、7月2日現在まだ台風3号は温帯低気圧扱いです。

7月3日(月)の午前に沖縄に接近し進路を北東に向け、7月4日(火)午前9時頃に、九州北部へ接近すると予想しています。

7月6日以降には、勢力も完全に弱まっている予報です。

 

ECMWFの予想でも、一緒ですね。

 

米軍の情報では重要度が低いですが、梅雨前線もあるので、大雨への警戒は引き続きとるべきでしょう。

sponsored link

各都道府県への影響

 

沖縄・奄美

 

台風3号による直接的な影響はありません。

7月4日は、太平洋高気圧に覆われて晴れるでしょう。

午後は湿った空気の影響で時々曇り、にわか雨や雷雨がある見込みです。

海上では高波に注意が必要です。

参考:www.tenki.jp/forecast/10/

 

九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎県、鹿児島)

 

台風3号の直接的な影響が懸念されます。

 

7月4日の九州北部地方では、雷を伴った雨が非常に激しく降り、大荒れの予報です。

海上も大しけとなる場所があるので、警戒を。

出典:www.tenki.jp/forecast/9/

 

四国(徳島、香川県、愛媛、高知)

 

台風3号の影響が懸念されます。

7月4日は、台風や湿った空気の影響で朝から雨や雷雨とるでしょう。

激しく降る場所もあるので、注意が必要です。

出典:www.tenki.jp/forecast/8/

 

中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口)

 

台風3号の影響が懸念されます。

 

7月4日は雨のところが多く、昼前から昼過ぎは雷を伴った非常に激しい雨が降る場所があります。

出典:www.tenki.jp/forecast/7/

 

近畿地方(大阪、滋賀、京都、兵庫、奈良、和歌山)

 

台風3号の影響が懸念されます。

 

7月4日の昼前には台風3号が接近し、雷を伴った雨が降る所があるでしょう。

出典:www.tenki.jp/forecast/6/

 

東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)

 

台風3号の影響が懸念されます。

 

7月4日の21時頃に台風3号が接近する予報で、次第に雨となりるでしょう。

三重県では非常に激しい雨が降る予報です。

出典:www.tenki.jp/forecast/5/

 

北陸地方(富山、石川、福井)

 

台風3号の直接的な影響はありません。

 

しかし梅雨前線の活動が活発で、雷を伴った激しい雨が降る予報です。

出典:www.tenki.jp/forecast/4/

 

関東・甲信越地方(東京都、埼玉、神奈川、茨城 、栃木県、群馬県、千葉、山梨、長野、新潟)

 

台風3号の直接的な影響はありません。

7月3日は、晴れ間もありますが、午後から急な大雨になる場所もあると予想されます。

出典:www.tenki.jp/forecast/3/

 

東北地方(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

 

台風3号の直接的な影響はありません。

7月3日は、梅雨前線の影響で雨の降る所が多く、東北南部の日本海側を中心に大雨となる予報です。

出典:http://www.tenki.jp/forecast/2/

 

北海道

 

台風3号の直接的な影響はありません。

道南は一時的に雨が降る予報です。

出典:www.tenki.jp/forecast/1/

sponsored link

交通機関への影響

 

台風3号による各交通機関への影響についての最新情報です。

最新情報をよく確認しておきましょう!

 

飛行機の欠航

 

2017年7月3日22時00分時点

 

7月4日に九州の空港を発着する航空機ですが、欠航が決定している便があります。

利用する航空会社の公式サイトで、逐一最新情報を確認しておきましょう。

 

電車(新幹線、JR、私鉄、地下鉄、)の遅延と運休

 

2017年7月3日22時00分時点

台風3号の進路によっては、強風や大雨の影響で運行を見合せる可能性があります。

利用する鉄道会社の公式サイトで、逐一最新情報を確認しておきましょう。

 

バスの運休

 

2017年7月3日22時00分時点

台風3号の進路によっては、強風や大雨の影響で路線バス、高速バスの運行を見合せる可能性があります。

利用するバス会社の公式サイトで、逐一最新情報を確認しておきましょう。

 

フェリー・客船

 

2017年7月3日22時00分時点

 

台風3号の進路によっては、遅延や欠航便が発生する可能性があります。

利用する商船会社の公式サイトで、逐一最新情報を確認しておきましょう。

sponsored link

                      

 - 台風
 -