コンビニ傘の値段はいくら?比較してみました。

      2016/07/24

毎日雨が続いていますね。

出かける時は曇り空で傘を持っていかなかった時、突然雨が降り出して困った経験をした人も少なくは無いでしょう。

そんな時に手軽に傘を購入できる場所と言えばコンビニです。

500円程度で購入ができるビニール傘でもいいかもしれませんが、現在コンビニで販売されている布傘、通称コンビニ傘が高機能でデザイン性も高いと異常に注目を浴びています。

一般的なビニール傘に比べて値段はいくらなのか気になりましたので、コンビニ3社のコンビニ傘の値段を調べてみました。

sponsored link

コンビニ傘に3社が力を入れている。

7b6e3f39b974f17ddc1c7945b57a7a3d_s

ローソンはナノテクノロジー撥水生地「スコーレ」を使用

ローソンのコンビニ傘はその名もずばり「ハイブリッド傘」と、名前からして高性能感が醸し出されています。

なにがそんなに高性能なのか、ローソンのコンビニ傘は折れにくいのはもちろん、帝人フロンティア株式会社が開発したナノテクノロジー撥水生地「スコーレ」を布生地に採用しています。

この「スコーレ」という生地がハイブリッドで、ジュースや醤油などの水性の汚れが付きにくく拭き取るだけであっという間に汚れが取れてしまう撥水加工素材なんです。

なぜこのような性能があるのかというと、繊維の一本一本を均一にナノレベルで皮膜をしているからで、水滴も生地に染み込みにくく、撥水力も長続きするのが特徴です。

この耐久性、撥水性に優れた「スコーレ」を布生地に取り入れたコンビニ傘というわけです。

傘をしまう時に雨粒で体や服が汚れてしまうということが少なくなりますし、強風に煽られてもひっくり返る構造になっていて、風をいなすことによって折れにくい耐風構造になっているので梅雨のゲリラ豪雨や台風シーズンでも安心ですね。

長さ65cmのジャンプ傘タイプで、広げた時の大きさも約110センチと十分な大きさのコンビニ傘となっております。

高性能なのにお値段はなんと税込み1,944円と非常にお買い得です。

セブンイレブンはデザイン、素材にこだわった

セブンイレブンのオリジナルブランドである「セブンライフスタイル」から発売されているコンビニ傘をご紹介します。

その名も「風に強いワンタッチ長傘」です。

親骨がグラスファイバーで作られているのが特徴で、こちらも強風に煽られてもひっくり返る構造で折れにくくなっています。

クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがプロデュースしていることもあってデザインにもこだわりがあります。

布、骨組み、持ち手部分まで全てマットブラックで統一されたシンプルでシックなデザインになっています。

持ち手部分も太くて持ちやすいのが特徴です。

お値段は税込み1,458円と安価にも関わらず、値段以上の高級感があります。

長さ70cmのジャンプ傘で、広げた時にも110センチと十分な大きさ。

持ち運ぶのに大変便利な傘袋も付属しているのも嬉しいですね。

そして、セブンイレブンのコンビニ傘のラインナップには折りたたみ傘も用意されているんです。

こちらも言われなければコンビニで売っているとは思えないほどおしゃれな折りたたみ傘になっています。

デザイン性だけではなく持ち手についているボタンで自動開閉が出来るのも嬉しい機能で、雨に濡れた傘を閉じる時にも水滴で手が濡れてしまうこともないですね。

重さも260グラムと軽く、カバンに入れての持ち運びにも苦労しない重さです。

長さも54cmとコンパクトでカラーはオレンジとブラックの2色、税込み1,018円です。

付属の傘袋もジッパーが大きく開いてくれるため、傘を入れやすいのも嬉しいですね。

傘袋自体の生地も厚く、傘についた水滴が滲み出てカバンを汚してしまうこともないですね

sponsored link

ファミリーマートは壊れにくいを徹底的に突き詰めた

壊れにくいという点にこだわったファミリーマートのコンビニ傘をご紹介します。

こちらも耐風仕様には変わりがないのですが、ひっくり返った状態から元に戻す際に最小限の力で行える加工を施しているのが一番の特徴です。

親骨と受け骨の間にあるジョイント部分を特殊な構造にすることによって、ひっくり返った状態から軽い力で元の形に傘を戻すことが可能になりました。

セブンイレブンと同じようにグラスファイバー性の骨を使用しています。

長さ70cmのジャンプ傘で、広げたときの大きさは117センチとコンビ二3社の中では1番大きいコンビニ傘になっています。

価格は税込み1,458円です。

ファミリーマートも折たたみ傘を販売していて、撥水性に優れたテフロン加工の生地を使用しています。

長傘と同じようにひっくり返る仕様の折りたたみ傘になっています。

折りたたみ傘は強風の時に使用していると、あっという間に壊れてしまうイメージがありますがこれなら安心です。

親骨の長さが65センチと一般的に販売されている長傘と同じサイズという点も非常に魅力的で、価格は税込み1,382円です。

コンビニ傘はコストパフォーマンスが高い

コンビニ傘はかなり進歩しているんだなぁという印象だったと思います。

ビニール傘と比べると価格は高い分、長持ちして壊れにくいという特徴を持っているのでコストパフォーマンスは高い商品だと思います。

コンビニでいつでも気軽に購入できるコンビニ傘、購入する価値は高いかもしれません。

sponsored link

                      

 - ライフ
 -