宇多田ヒカル 花束を君に歌詞の意味がヤバイ。母への思いが溢れ出てると話題

   

宇多田ヒカルが2016年9月より本格的に活動を再開し、9月28日には新アルバム「Fantôme」のリリースも控えています。

勢力的にプロモーションもこなしていて、TV番組で目にする機会も多くなり懐かしい気持ちになっている方も多いのではないでしょうか。

「Fantôme」の楽曲の中で宇多田ヒカルの母である藤圭子への気持ちを綴った歌が「花束を君に」です。

歌詞にはどのような思いが込められているのでしょうか。

sponsored link

「花束を君に」歌詞の意味

まずは「花束を君に」の歌詞を公式サイトで確認する事が出来るのでチェックしてみてください。

http://www.utadahikaru.jp/lyric/?hanataba

宇多田ヒカルは「花束を君に」の歌詞について母への手紙であると語っています。

「花束を君に」は亡き母である藤圭子への思いが素直に並べられた率直な歌詞ですよね。

日本人は言葉で思いを伝える事が苦手ですが、きちんと言葉で伝える事は本当に大切な事。

母への言葉にならない思いが、歌になって溢れ出たのでしょう。

藤圭子が亡くなってから3年になりますが宇多田ヒカルは一時期「あらゆる現象に母が見えてきた時期があった」そう。

それは不思議な事ではなくて「私の原点だから、あらゆる現象に含まれているのは当然。それを感じられるのは素晴らしいと思った」と藤圭子への思いを語っています。

2016年に本格的に活動再開を果たした理由には、母への思いを素直に語れるようになったことも少なからず影響しているように感じます。

『花束を君に』の歌声は宇多田ヒカルの母を思う温かさだったり穏やかな気持ちが伸びやかに伝わってきますよね。

活動休止前と比べても、心をぐっと掴まれるような優しさを纏った歌声になったと感じました。

sponsored link

母に似てきた宇多田ヒカル

最新アルバムFantômeのプロモーションで沢山のテレビ番組に出演している宇多田ヒカルですが、容姿が藤圭子に似てきたと思いませんか?

髪型も母を意識している事もあってか、瓜二つです。

藤圭子は歌唱の表現力もずば抜けていましたが、宇多田ヒカルに確実に受け継がれています。

宇多田ヒカルも母になり、藤圭子への思いをより深めているのではないかと思います。

9月25日からサントリー天然水の新CM「水の山行ってきた南アルプス」篇が放送されますが、メイキング映像が公開されています。

藤圭子に似てきた宇多田ヒカルの容姿を確認してみてくださいね。

CMソングには「花束を君に」と同様、母への思いを詰め込んだ「道」が使用されています。

宇多田ヒカルにしか歌えない「歌」

本物のアーティストが2016年に帰ってきました。

関連記事

Fantomeの意味とは?宇多田ヒカルのアルバムジャケットと特典が公開

sponsored link

                      

 - エンタメ
 -