V・ファーレン長崎のフロント辞任理由は?外部監査でライセンスはく奪か

   

サッカーJ2のV・ファーレン長崎(ヴィ・ファーレンながさき)の池ノ上俊一社長、岩本文昭専務、服部順一ゼネラルマネジャーが辞表を提出していた問題が話題になっています。

騒動の詳細や辞表の理由、外部監査を受けている背景を調べてみました。

sponsored link

V・ファーレン長崎のフロント辞任騒動まとめ

出典:http://www.v-varen.com/news/46192.html

V・ファーレン長崎のフロント辞任騒動ですが、どうやら大変な事態になりそうです。

発端は2017年2月8日に長崎国際大学キャンパスで行われたV・ファーレン長崎 第1回 サポーターズミーティングでした。

当初出席を予定していた常勤取締役の池ノ上俊一社長、岩本文昭専務、服部順一ゼネラルマネジャーが突然の欠席。

サポーターズミーティングの場でむ常勤取締役3人から昨年12月初めまでに辞表が提出されていたことが明らかにされました。

岩本文昭専務と服部順一ゼネラルマネジャーに関しては2月はじめの取締役会で辞任を了承されています。

池ノ上俊一社長の進退は株主総会で判断されることも明らかにされました。

 

一体なぜ常勤取締役3名が辞任することになったのか。主な原因は下記の通りと報道されています。

  • 2016年度決算で3年ぶりの赤字(1億2000万円)となる経営不振の引責
  • 運営費の使途を巡りJリーグの外部監査を受けている

2016年の広告収入が前年比7千万円減の約3億6800万円になったことが赤字の主な原因となっているようですが、債務超過には陥らない見通しと発表されています。

ただ、Jリーグの外部監査を受けているので、もし不正会計が指摘されてしまったとしたら、債務超過になる可能性も大いにあるでしょう。

 

調べてみるとV・ファーレン長崎の純資産は7300万円で、報道の通り1億2000万円の赤字だった場合非常にまずい事態。

最悪ライセンスの剥奪もありうる事態になっているというわけです。まだ安心はできないでしょう。

sponsored link

V・ファーレン長崎の運営には不審な点が多かった

 

池ノ上俊一社長は2016年1月にV・ファーレン長崎のクラブアドバイザーに就任して、4月からは代表取締役社長に就任しています。

池ノ上俊一社長の体制になってから、V・ファーレン長崎の運営に不審な点が多く見受けられるようになっていたのです。

サポーターもクラブ運営の異変に気付いており、池ノ上俊一社長と服部順一ゼネラルマネジャーに対する不信感も抱いています。そして、2017年1月に運営側へ質問状を提出していたのです。

2017年2月に開催予定だったサポーターズミーティングを前倒しにして回答を求めていましたが、池ノ上俊一社長は多忙を理由に前倒し開催を拒否しています。

サポーター側は「前倒し開催が出来ない場合には2017年1月20日までに質問の回答を求める」としていましたが、池ノ上俊一社長は弁護士同席での面談をサポーター代表へ提案しています。

弁護士同席という異常な反応に、サポーター側の不信感はさらに募ることになりました。

質問の一部をご紹介しますが、かなり突っ込んだところまで質問されている事が分かると思います。

  • 挨拶をしなかった選手に対してクビだと発言したり、敗戦後の選手にバスの中で強い口調で注意したり、試合前の選手に自分の荷物を持たせたという話が昨年のシーズン中からあったが本当か?事実だと思いたくないですが、その選手らがシーズン後に全員移籍し驚いています。池ノ上社長にとってのV・ファーレン長崎の位置づけ、また選手をどのような存在と考えているのか。
  • 池ノ上社長が毎月何度か郷里の鹿児島県に戻っていると聞きますが、帰郷の際交通費は自費負担か。それともクラブ業務の一環か。鹿児島へ戻る頻度と期間はどの程度か?
  • 以前からV ファーレンに勤務していたクラブスタッフが昨年から多く退職している。充当される社員が池ノ上社長が運営する会社からの方が多いと聞きますが事実か。
  • 服部順一GM の実弟がクラブスタッフになるとネットで話題になっていますが事実か?事実なら役職とその意図を聞かせください。
  • ユース遠征の手配などを服部GM が社長を務めている会社に業務委託しているのは本当ですか。その会社には他に何か委託しているのですか?なぜその会社に委託しているのか理由も聞かせてください。

この辺のゴタゴタはスポンサーにも伝わりますし、下りる企業も増えてしまったんでしょうか。

選手や監督は一生懸命頑張っているのに、フロントのゴタゴタに巻き込まれてしまうのは気の毒ですよね。

 

池ノ上社長が会見などをする予定は今のところないようです。この辺りの説明責任もきちんと果たしてほしいと思います。

万が一運営費を私的流用していることが原因で外部監査を受けているとしたら、サポーターや選手もショックでしょうね。

 

次の社長人事ですが、ジャパネットたかたの髙田明氏待望論が巻き起こっています。経営手腕は確かでしょうし全国的にも話題になりそうです。

今後の展開に注目しましょう。

sponsored link

                      

 - 社会
 -