バレンタインに犬用チョコレートは大丈夫?愛犬と一緒に楽しむ方法!

   

バレンタインデーは本来「女性が愛を告白する日」という位置づけでしたが、最近は友チョコや自分チョコ、家族に渡すファミチョコも当たり前になってきました。

 

ファミチョコといえば、家族の一員であるペットのワンちゃんはどうしていますか?

この記事では、愛犬と一緒にバレンタインを過ごしたい方にむけて、注意点や愛犬と一緒にバレンタインを楽しむ方法をご紹介したいと思います!

sponsored link

犬にチョコレートは絶対ダメ!

 

バレンタインだし、愛犬にチョコレートをあげたいなと思っている方。

 

ちょっと待ってください!

犬にチョコレートは絶対NGなんです。
なぜ犬にチョコレートを与えてはいけないかというと、チョコに含まれているテオブロミンという成分が原因です。

テオブロミンはカカオに含まれる苦み成分のことで、犬はテオブロミンを分解する力がなく、誤って摂取してしまうと嘔吐や下痢、血尿や脱水などひどい中毒症状が出て、最悪死に至ることもあります。

 

テオブロミンは固形のチョコレート以外にも、カカオ豆、カカオ豆の外皮、コーラ、お茶にも含まれています。

ココアやチョコレートパウダーにも入っているので、ココアパウダーのかかったクッキーなどもだめですよ。

チョコは匂いも強くて甘いので、犬はとても食べたがってしまいますよね。

テーブルの上にうっかり置いてあったチョコを盗み食いをするということも十分あり得るので、飼い主は注意をした方が良いでしょう。

 

「以前に少し食べさせたけど大丈夫だった」ということがあったとしても、それはたまたま体調が良かったとか、かなり少量だったからということが考えられます。

中毒症状が出るのも遅くて、チョコを食べた数時間にけいれんを起こすこともあります。

慌てて獣医に駆け込んだけど手遅れだった、という話もよくあるんです。

 

どの程度チョコレートを食べてしまうと中毒症状が出るかが詳しくまとめられていますので、参考にしてみてください。

チョコレートにもミルクチョコとかセミスウィートチョコ等、色々と種類があります。いずれにせよ、テオブロミンの量として考えた場合、10kgの犬で計算すると、テオブロミンとして500mg〜1000mgを摂取すると中毒症状をあらわします。また、2500mg〜5000mgを摂取した場合は、50%の確率で死亡してしまうというデータがあります(体重1kgの犬では同様の症状が10分の1のテオブロミン量で起こるということです)。

055_z02

出典:http://www.masuda-rui-heart.sakura.ne.jp/letter/055.html

「砂糖は虫歯になるから甘くないチョコを少しぐらいいいよね?」と思っても、ビターチョコのようなカカオ成分が多いチョコを与えると少量でも命の危険にさらされことが分かります。

 

万が一、誤って食べてしまった場合は、症状が出ていなかったとしても獣医さんに診てもらって胃の洗浄をしたほうがいいでしょう、

早い段階なら吐き出させることもできますが、時間がたつと開腹手術になる場合もあるんだそうです。

愛犬も飼い主も悲しい思いをする前に、チョコレートは絶対犬に与えてはいけないものということを認識しておきましょう。

sponsored link

愛犬とバレンタインを楽しく過ごすには?

 

「でもやっぱりバレンタインだし」と愛犬を大事に思う飼い主の方は、犬用のバレンタインチョコを与えてあげましょう。

チョコといってもカカオは一切使用しておらず、野菜や豆腐で作られている犬用のおやつなので安心して食べさせることができますよ。

 

ハート型にものや、見た目はトリュフチョコそっくりだったりと、飼い主さんもバレンタイン気分を味わうことができるんです。

マメ科の植物を粉末状にしたキャロブパウダーを使ったクッキーも色が黒くて風味もチョコレートに似ていますが、テオブロミンは含まれていませんので、愛犬のバレンタインの贈り物にピッタリです。

ちょっと雰囲気を変えたいなら、バレンタインにドッグカフェに行って犬専用のごちそうを食べさせてあげてもいいでしょう。

食べ物ばかりにこだわらず、ドッグランで思いっきり走らせてあげるのも楽しいですね。

 

ですが、バレンタインだからといってチョコにこだわる必要は全くないと思いませんか?

バレンタインにはいつもより奮発した、ドッグフードやジャーキーをあげた方がワンちゃんも喜びますよ!

 

より愛犬に喜んでほしいと思うなら、食物繊維が豊富で消化がいいと評判のドッグフード、カナガンがおすすめですね。

無題

カナガンは、買った愛犬家の80%がリピートするくらい人気のあるドッグフードなので、バレンタインのプレゼントにもいいと思いますよ。

 

下のリンクから、カナガンの詳しい紹介をぜひ見てみてください!

世界中の愛犬家から大人気のドッグフード『カナガン』

 

まとめ

大切な家族である愛犬と過ごすバレンタインデーの参考になりましたか?

絶対に気を付けてほしいのが、チョコレートを与えてはいけないということ。

これだけは忘れないでほしいと思います。

 

また、バレンタインだからといって、無理にチョコレートに似た食事を与えなくてもいいと思います。

健康的な食事が最も犬には大切ですからね!

以上「バレンタインに犬用チョコレートは大丈夫?愛犬と一緒に楽しむ方法!」とい話題でした!

sponsored link

                      

 - バレンタインデー
 -