多汗症の脇汗対策は?手術やボトックス注射よりサプリで治す!

   

 

夏が近づくと気になる汗の匂いやベタつき。

特に脇汗による汗ジミや黄ばみ、匂いが気になる人も多いと思います。

 

「なんかめっちゃ脇汗すごくない?」と指摘されたとき、「夏だから仕方がないよ!」と返してみたものの、本当は一年中脇汗びっしょりだなんて言えませんよね。

 

夏だけじゃなく、一年中脇汗を気にしているとするならば、多汗症による脇汗かもしれません。

 

この記事では、多汗症によるワキ汗の症状と原因、対策について詳しくご紹介したいと思いますので、一人で悩む前にぜひご覧いただきたいと思います。

 

sponsored link

多汗症でワキ汗をかく原因と症状

気温が高いときや、運動をしたあとには汗をかきますよね。

これは体の熱を逃がし体温を下げるための正常な働きです。

 

しかし、汗によって人とのコミュニケーションで不便を感じる、例えば

  • 手汗が気になって人と手をつなぎにくい
  • 長時間携帯で通話したらベタベタする
  • 大事な書類が汗でグシャグシャに
  • いつもタオルを片手に持ち生活をしている

 

他にも

  • 靴を脱ぐと汗くさい
  • 着ていた服からにおいがする
  • 汗ジミや黄ばみになって着たい服が着られない

何をするにも消極的になってしまいそうな、こんな経験ありませんか?

 

このような症状を多汗症といい、「エクリン汗腺」という汗のでる場所から通常より多くの汗がでる状態のことです。

 

他にも症状として

  • 暑くもないのに汗がでる
  • 手がいつも湿っていて冷たい
  • 脇にすぐ汗ジミができる

症状を気にするほど、また汗がでる悪循環になることも少なくありません。

汗ジミや黄ばみは見た目にも分かりやすく、多くの人ケアしたい脇汗。

多汗症の人はエクリン汗腺が他の部位より多く、気温や運動からの発汗と緊張やストレスからの刺激で汗をかきやすくなっています。

 

粘度の強い汗を発生させるアポクリン汗腺が生まれつき多い人も、多汗症になる原因として挙げられます。

アポクリン汗腺から出る汗は

  • 洗濯しても服のにおいがとれない
  • 汗をかいたところが黄ばむ
  • わきが(脇臭)を伴う

など、非常に悩ましいものです。

 

多汗症にも種類があり、全身に多量の汗をかく「全身性多汗症」と、手のひらや脇、足の裏などに多量の汗をかく「局所性多汗症」があります。

この局所性多汗症には汗をかく部位ごとに病名がつけられていて、脇に多量の汗をかく場合を「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」といいます。

 

腋窩多汗症は、特別な原因がなく日常生活に支障が出るほど多くの脇汗がでる病気とも言われています。

多汗症の多くは緊張状態に陥ったり、汗の匂いやシミが出ていないか気にしたりする、精神的面が原因とされているようですが、中には他の疾患が隠れている場合や、ホルモンバランスの影響や遺伝、生活習慣の乱れなども関係があるといわれています。

 

脇汗対策はどうすればいいの?

多汗症は放っていても治りませんし、汗の量がますます増えてしまうこともあります。

正しく対策していきましょう。

 

自分でできる対策としては

  • ストレスをためない
  • 食生活を見直す(脂、刺激物、お酒などを控える)
  • 適度な運動をする(ウォーキング、ストレッチなど)
  • 半身浴をする

などがありますが、どれもすぐに効果が期待できるわけでもなく、必ず効果があらわれる保障もないですよね。

 

おまけに毎日継続していくのはなかなか大変です。

こうしなくてはという思いが余計なストレスになることもあるかもしれません。

 

多汗症は自律神経の病気ですので

  • 塗り薬:塩化アルミニウム外用治療法
  • 注射薬:ボトックス注射
  • 手術

上記のような治療法が存在しています。

 

 

病院ではまず塗り薬が処方され、毎日の塗ることで徐々に効果が表れます。

長時間持続しないため反復しての使用が必要であり、思ったような効果が得られないこともあります。

 

今注目されているのが、手軽に行えて脇汗を止める効果も高いボトックス注射という治療法です。

耳馴染みのない人もいるかもしれないですが、2012年には重度の腋窩多汗症と診断された場合に健康保険も適応されるメジャーな治療方法です。

 

ボトックス注射とは

 

ボトックスとはボツリヌス菌という微生物から抽出したタンパク質の一種で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に用いられるものです。

脇に注入することで神経や筋肉の働きを抑制し、汗の分泌をおさえることができます。

 

顔に注入してシワをとる治療など最近では耳にすることが多くなってきましたね。

 

ボトックス注射自体は、10年以上の歴史がある安全なものです。

治療時間は5分~10分程度で治療後すぐに帰宅でき、当日からシャワーや入浴もできますので日常生活にほとんど支障がありません。

 

また注射による治療のため傷跡の心配もいらないので気軽に受けることができます。

 

脇汗に効果抜群のボトックス注射ですが、汗腺を取り除くわけではないので半永久的に脇汗を止めることはできません。

注入後2~3日後から効果があらわれ、約3か月~半年程度で徐々に効果がきれてきます。

 

長くても1年程度の効果しか期待できず、効果がなくなってきたら再度治療を受けなければなりません。

持続したい場合、年に2回程度の治療が必要となりますね。

 

使われる薬剤によっても変わりますが、保険が適用されても1回に3万円~と費用もなかなか高めです。

 

ボトックス注射の副作用は?

 

脇汗への効果抜群のボトックスですが、副作用が気になるところですね。

多少の痛みがあったり内出血が起こることもありますが、時間の経過により落ち着きます。

なので、ほとんど副作用はないとされています。

 

まれに「しびれ」などの筋肉まひの症状や代償性発汗が起こる心配もあります。

汗をかく量は一定で決まっており、背中やお腹、お尻など他の部位で発汗されるようになるためです。

また、妊活中や妊娠中、授乳期の治療もできません。

 

ボトックス注射は「エクリン汗腺」の活動を抑える治療で、「アポクリン汗腺」が原因のワキガを完全に抑えることは難しいということも理解しておく必要がありますね。

 

効果や副作用をしっかり理解して治療に臨むことが大切です。

 

多汗症の脇汗対策はサプリがおすすめ

 

多汗症の治療にはボトックス注射がおすすめではありますが、ぶっちゃけクリニックに行くの恥ずかしいですよね。

私も汗かきで、すぐに脇汗が出てしまって恥ずかしい思いをしたこと何度もあります。

 

臭くないかなと脇を上げて匂いを確かめていたら、見知らぬ人に見られて超恥ずかしかったこともあります…

制汗剤で一時しのぎするのも限界だし、ボトックス注射をする勇気もありませんでした。

 

脇汗は改善したいけど体質改善を一からするのも面倒で、もう一生このままかと考えていたんですが、汗対策の飲むサプリメントを見つけて脇汗の悩みから一気に開放されました。

1日5粒飲むだけの「あせしらず」という国産サプリで、なんで今まで存在に気付かなかったんだろうと後悔しています。

 

「あせしらず」の詳しい情報は下のリンクから見れるので、多汗症に悩んでいる人はぜひチェックして欲しいです。

 

多汗症による脇汗を体内から改善するサプリの詳細はこちらから

あせしらず

 

塗り薬やボトックス注射のような一時しのぎの方法で脇汗対策をするのではなく、体内から改善して脇汗の悩みから解放される人が一人でもいてくれると嬉しいと思います。

sponsored link

                      

 - スキンケア
 -