山本誠(バディサウンドワークスの店長)の顔画像!野間口浩(元INFIX)が告発!

 

バディサウンドワークスの店長の名前と顔が判明!

 

高円寺の楽器店「バディサウンドワークス」に預けた高額な楽器が返却されず、お客さんとトラブルになっている件が話題になっています。

バディサウンドワークスの店長はお客さんからの連絡を一切無視し、お店があった場所は貸店舗になっているのです。

 

ここで注目されているのが、バディサウンドワークスの店長の名前や顔です。

すでに「山本誠さん」であると判明し、さらに事件への興味を持っている人が多いようです。

 

バディサウンドワークス事件の概要

 

東京・杉並区の楽器店で、1本80万円のビンテージのベースなど、修理などのために客が預けた楽器が返されず、トラブルになっていることがわかった。

トラブルが起きているのは杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」。

4年前、店長から「オリジナルモデルを作る参考にしたい」と頼まれ、およそ80万円のビンテージのベースを貸し出した男性には今もベースが返却されていないという。

(4年前に楽器を預けた)野間口浩さん「一番、思い入れのあるベースですね。

採寸をするということで『1~2週間くらいで終わるから』という話で貸したんですけど」店長には、メールなどで何度も返却を求めたが、「親戚に不幸があった」「携帯の調子が悪い」などと先延ばしにされたという。

店は去年9月ごろに、突如、閉店し、現在は店長の携帯電話もつながらない状態。

この店に修理などで預けた楽器が返ってこないトラブルは他にも10件以上起きていて、警視庁にも複数の被害相談が寄せられている。

出典:日テレニュース24

着物レンタル「はれのひ」の事件が記憶に新しいところですが、お客さんの所有物をいったい何だと思ってるんでしょうか?

被害者のひとり野間口浩さんとバディサウンドワークスの店長は昔からの付き合いがあるということで、信用もしてたはずですが、気持ちを踏みにじられてますね。

思い入れのある楽器ならなおさら、精神的なダメージが強そうです。

 

野間口浩さんは4年前に預けたベースが戻ってきていないようですが、預けていた時にすでにヤフオクなどで転売されていた可能性が高そうな気がします。

2週間で返ってくるという話だったようですが、もう少し早く手を打つことはできなかったんでしょうか?

 

sponsored link

バディサウンドワークスの店長の名前と顔画像

 

バディサウンドワークスの店長の名前は「山本誠(やまぐち まこと)」さんであることが判明しました。

 

バディサウンドワークスの店長、山本誠さんの顔画像がこちらです。

出典:バディサウンドワークス

 

バディサウンドワークスの店長の山本誠さんはツイッターフェイスブックインスタグラムをやっていますが、2017年5月の時点で更新が全てストップしています。

 

被害者の一人、野間口浩がバディサウンドワークスの店長の山本誠さんにベースを預けた経緯も明らかになっています。

 

まず、野間口浩さんと山本誠店長は20年来の友人でした。

山本誠店長がオリジナルブランドのベース作成のため、野間口浩さんのベースを採寸したいと連絡をします。

 

返却されていないベースのメンテナンスは、全て山本誠店長に任せていたそうで、そんな友人の頼みということもあり野間口浩さんは無料で貸すことに。

期間は口約束で2週間でしたが、期間を過ぎて連絡すると「もう少し大丈夫かな?」と先延ばしにされる事が続きました。

 

BUMP OF CHICKENのベースを作るために時間が掛かっていると言われ、野間口浩さんも無理な返却は促さなかったそう。

 

しかし、あまりにも時間が過ぎ、電話やメールなどで催促しますが連絡が返ってくることはありませんでした。

高円寺の店舗に行くと、すでにお店はもぬけの殻。

 

山本誠店長の所在は今も不明です。

sponsored link

バディサウンドワークスの場所はどこ?

 

問題となっている楽器店「バディサウンドワークス」は杉並区高円寺にあるようです。

正式な場所は「東京都杉並区高円寺北2丁目35-11 1F」ですね。

2017年10月に撮影された画像で確認してみると、日テレニュースで報じられている通りバディサウンドワークスがあった場所はテナント募集となっています。

 

sponsored link

 返却されないビンテージのベースの画像

 

被害者の一人とされている野間口浩さんが、バディサウンドワークスの店長に貸したビンテージベースの画像がこちらです。

出典:のまぐち☆ひろし’S「HAPPY-GO-LUCKY!!」

1964年製のフェンダーのジャズベースだそうで、野間口さんが購入した20数年前で80万円だったそう。

現在は倍以上の値段になるほど貴重なビンテージベースということです。

野間口さんはローンを組んで買っていたそうで、レコーディングやライブで何度も何度も使用した愛着のあるベースだと語っています。

sponsored link

野間口浩さんはINFIXの元メンバーだった

出典:野間口浩公式ツイッター

被害者のひとりとされている野間口浩さんは、メジャーロックバンド「infix(インフィクス)」の元メンバーだったことが判明しました。

 

機動戦士Vガンダムのエンディング・テーマ「WINNERS FOREVER〜勝利者よ〜」が売上10万枚のヒット。

野間口浩さんは1998年にinfixを脱退していますが、2012年や2017年に開催されたinfixの周年ライブに参加しています。

 

現在はソロ活動の他、音楽教室の講師など多方面に活躍しているそうです。

1 Comment

野間口

野間口自身が大嘘付きなのをみんな知らない報道に踊らされてるね
連絡取れない店長もどうかと思うけど
野間口さん4年前の機材返してくれませんか?
借りパクも犯罪ですよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です