SAY企画の社長や業務内容はブラック?指名停止や倒産の恐れも?

 

日本年金機構からデータ入力を委託された豊島区の業者が、中国の業者に再委託してた問題が大きく取り上げられています。

 

情報処理会社が「SAY企画」であることが判明し、注目が集まっています。

SAY企画について詳しく調べてみましょう。

日本年金機構→データ入力委託会社→中国業者に再委託問題の概要

日本年金機構からデータ入力業務を委託された東京都内の情報処理会社が契約に違反し、最大で約500万人分の個人情報を中国の業者に渡して入力業務を再委託していたことが厚生労働省への取材でわかった。

この会社は、約130万人の年金が過少支給となった問題でも、データを入力せずに放置していたことが判明したばかり。同機構は中国の業者に再委託された経緯を調べている。

同省によると、同機構は昨年8月、東京都豊島区の情報処理会社に、約500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報の入力業務を委託した。

この会社は、個人情報の一部を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたという。 機構と同社が交わした契約では、個人情報保護のため、別の業者への再委託を禁止していた。

同省は、「中国の業者から個人情報が外部に流出した事実は今のところ確認されていない」としている。

出典:読売新聞

sponsored link

SAY企画が委託会社だと判明

 

多くの報道機関が、日本年金機構からデータ入力を委託された豊島区の業者の名前を出していなかったけど、FNN系列は「株式会社SAY企画」と実名報道してるね。

実名報道してる動画はこちら

 

SAY企画は平成15年8月に設立された会社で、従業員数は85名。

情報処理の業務を始めとして、イベントの企画や制作、ソフトウェアの開発と販売、WEBデザインなどなど、手広くやってるみたいだね。

sponsored link

SAY企画の場所は?

 

報道のとおり、SAY企画は池袋に本社を構えてる。

所在地は「東京都豊島区東池袋1-48-10 25山京ビル1011号」だってさ。

 

他にも、埼玉県さいたま市大宮区三橋に「大宮事業所」と、埼玉県戸田市大字上戸田に「戸田サテライトオフィス」を開設してるみたい。

 

sponsored link

切田精一社長の経歴や顔画像は?

 

SAY企画の代表取締役は「切田精一」氏であることが判明。

切田精一氏の経歴や顔画像を調べてみても、まったくヒットしないのが驚き。

 

フェイスブックやツイッターでも一切の情報がないね。

そこそこ大きな会社なのに情報がヒットしないことに、ネット上では「意図的に表示させないようにしているんじゃ?」なんて声も上がっちゃってる。

 

SAY企画の名前が公になった以上、追及からは逃れられないだろうから、切田精一氏の経歴や顔が分かるのは時間の問題だろうね。

情報が分かり次第、追記していきます。

sponsored link

SAY企画は公共機関の案件を多数落札してた

 

年金の個人情報のデータ入力業務が問題になってるわけだけど、SAY企画は他にも公共機関の業務を落札してたことが判明。

  • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
  • 農林水産省
  • 国税庁
  • 厚生労働省
  • 日本学生支援機構
  • 日本年金機構
  • 公正取引委員会

などなど、他の案件はきちんとやってるの?と心配になってしまうような業務を、沢山請け負っちゃってるわけです。

 

SAY企画の対応によっては、指名停止処分が下される可能性もあるんだろうか。

3月20日に日本年金機構が記者会見するそうなので、注目です。

悪い意味で話題になったわけで、SAY企画は倒産の道に進んでいきそうな予感もするね。

SAY企画はプライバシーマーク取得企業だった

 

超重要な個人情報の入力を中国の業者に再委託しちゃってたSAY企画だけど、プライバシーマークってのを取得してるそう。

 

プライバシーマーク制度とは…

プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム—要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

っていう制度らしいですが、調べてみると合格基準のようなものはなく、審査に落ちることはないそう。

何のための制度なんだかわけわからんけど、そういうもんらしい。

プライバシーマーク制度の審査については、こちらを見てくださいな。

 

SAY企画が収集してたマイナンバーは適切に管理されてる?

 

最大500万人分の個人情報が中国の業者に渡っているけど、情報の中にはマイナンバーも含まれてる。

SAY企画がマイナンバーを収集する時には、GMOグローバルサイン株式会社っつーとこのシステムが使われてたみたいね。

2017年6月から運用がスタートしてるみたいで、リリースもでてるね。

 

2017年6月以前はSAY企画が目視確認でマイナンバーを確認してたみたいだけど、本当にSAY企画がやってたのかも怪しいところ。

マイナンバー制度も終わりにしてしまえ!なんて意見も出てるし、問題はさらに大きくなりそうですな。

 

SAY企画はブラック企業?

 

SAY企画について調べていると、こんな書き込みを発見。

  • 社長のワンマン経営とそれを取り巻く管理職の体制が出来上がっているため、風通しはあまり良いとは言えない
  • 社長や管理職の機嫌次第で物事が進む
  • 成長性も将来性も期待できない

鵜呑みにして、SAY企画がブラックであるとは判断できないけど、あまり良い印象はないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です